MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

マイケル・ファスベンダーが素顔をさらさない映画『FRANK -フランク-』公開決定

このたび、第86回アカデミー助演男優賞にノミネートされた名実ともに今ハリウッドでもっとも熱い俳優、マイケル・ファスベンダーがそのセクシーな顔を出さずに、謎めいた被り物バンドマンを熱演する傑作ドラメディ『FRANK -フランク-』(原題:FRANK)が今年の10月4日より、配給:アース・スター エンターテイメント、劇場:ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開されることが決定しました。

FRANK -フランク-


マイケル・ファスベンダーに度肝をを抜かれる!
決して被り物を脱がない奇妙なバンドマンの心の素顔を描いた傑作ドラメディ
監督は新鋭レニー・アブラハムソン、共演はJ.J.エイブラムスが監督する『STAR WARS:Epsisode VII(原題)』に出演が発表されたばかりの期待の若手、ドーナル・グリーソン、ヒロインには『ダークナイト』、『ヒステリア』、のマギー・ギレンホール。イギリスでカルト的人気のあった音楽コメディアン、フランク・サイドボトムをモデルにした、クスッと笑えてホロリとさせられる、キュートなコメディドラマです。
実際にボーカル役のファスベンダーが歌声を披露し、ノイズ系バンドとして様々な楽器を演奏するなど見どころもたくさん。また、世界でもっともセクシーな男ベストテンにランクインしたその美しい顔を封印しつつも、たくましい身体は余すところなく見せつけてくれる、なんとも不思議なおかしさの詰まった、他にはない作品に仕上がっています。
–マイケル・ファスベンダーの演技に度肝を抜かれた!– Vanity Fair
–ただのコメディではない、もっと深い何かがある– The A.V.Club
●あらすじ
ひょんなことからあるバンドに加入することになった青年ジョン。そのバンドのリーダー「フランク」は、奇妙な被り物を四六時中つけた謎めいた男だった。バンドメンバーから信頼・尊敬され、ときに明るく、ときに暗い、その破天荒な「フランク」の不思議な魅力にジョンも次第に惹かれていく。
あるとき、バンドのWEB映像が話題となり、彼らは、アメリカの超人気フェス「SXSW」にまねかれる。しかし、突如様子がおかしくなるフランクによって、バンドは解散の危機! フランクはなぜ、被り物をしているのか? ジョンはフランクの過去を探り始めるのだが……。はたして再び彼らのバンドはひとつになれるのか?
●スタッフ・キャスト
監督:レニー・アブラハムソン
脚本:ピーター・ストローン/ジョン・ロンスン
出演:マイケル・ファスベンダー、ドーナル・グリーソン、マギー・ギレンホール、スクート・マクネイリー
2014/英語/イギリス・アイルランド合作/95分/スコープサイズ/原題:FRANK
配給:アース・スター エンタテインメント
配給協力:アルシネテラン
宣伝:CAMDEN
『FRANK -フランク-』
10月4日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
(C)2013 EP Frank Limited, Channel Four Television Corporation and the British Film Institute
→『FRANK -フランク-』の記事を探す