MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

7月25日、まだ誰も見たことのないゴジラが現れる『GODZILLA』

最高の恐怖
極限の絶望
ゴジラ復活
全世界待望のハリウッドゴジラ
『GODZILLA』

GODZILLA


この作品は、日本が誇る世界で最も著名なキャラクター『ゴジラ』をハリウッドの超一流スタッフ・キャストによって映画化される超大作である。
1954年の『ゴジラ』誕生から60年。想像を絶するスケールのゴジラがハリウッドの手によって生まれ変わる。
テーマは「リアル」
ストーリーは「極秘」
今、人智をはるかに超えるゴジラが現れたら、我々は何を感じ、何をなすのか?
何を大切にし、何を犠牲にするのか?

GODZILLA

日本から始まる物語は、徹底的にシミュレーションを重ね、アクション映画の枠を超えた繊細なドラマに練り上げられている。もちろんゴジラ自体の造形、動きもリアルにこだわった。
ゴジラ本来の存在感を持ちつつ、これまでの映像技術では表現できなかった微妙な動きが加味され、全く新しいこれまでで最大のゴジラ像をフルCGで作り上げた。
●アカデミー賞常連の実力派キャスト×ゴジラ監督になる宿命を帯びた新鋭
ゴジラに対峙するキャスト陣にはハリウッド有数の実力派が集結した。主演に『キック・アス』の若手実力派、アーロン・テイラー=ジョンソン。また、日本を代表する名優・渡辺謙が1954年の第一作『ゴジラ』の精神を受け継ぐ科学者役で出演。

GODZILLA

さらにエリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デヴィッド・ストラザーン、ブライアン・クランストンらが感動のドラマをつむぐ。
そして、監督は新鋭のギャレス・エドワーズ。長編デビュー作『モンスターズ/地球外生命体』一本の評価で、超大作『GODZILLA』監督の座を射止めた彼は、少年の頃からのゴジラへの深い愛を感じさせる演出で目の肥えた日本のゴジラファンをも唸らせる。

GODZILLA

●キャスト・スタッフ
アーロン・テイラー=ジョンソン 渡辺 謙
エリザベス・オルセン ジュリエット・ビノシュ サリー・ホーキンズ
デヴィッド・ストラザーン ブライアン・クランストン
監督:ギャレス・エドワーズ
脚本:マックス・ボレンスタイン
音楽監修:デイヴ・ジョーダン
音楽:アレクサンドル・デスプラ
『GODZILLA』
7月25日、全国東宝系ロードショー
(C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC
→『ゴジラ』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら