MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

イタリア人のムダ毛事情も徹底調査!WA!Japan Film Festivalクロージング上映

スイートプールサイドサッカー日本代表の長友も駆けつけた“WA!Japan Film Festival”
伊・ミラノが爆笑の渦に包まれた!イタリア人のムダ毛事情も徹底調査!
『スイートプールサイド』クロージング上映レポート
「惡の華」の人気漫画家・押見修造氏の初期傑作を『アフロ田中』等の若手監督・松居大悟がまさかの実写化、毛のない男の子と毛深い女の子の青春剃毛映画『スイートプールサイド』が、松竹メディア事業部配給にて6月14日(土)より全国公開となります。
4回目を迎えた“WA!Japan Film Festival”(旧フィレンツェ日本映画祭)は今年、フィレンツェとミラノの2都市開催となりました。サッカーW杯日本代表に決まった長友選手も駆けつけ大盛り上がりとなったミラノで、クロージング作品の本作が現地時間5月15日(木)20:30より上映されました。


映画好き・日本に興味があるイタリア人、ミラノ在住の日本人が会場を埋める中、上映前に松居大悟監督が登壇し「ミラノでこの映画が世界初上映されることを光栄に思います。とても変態的な映画ですが、最後まで楽しんでいただけることを祈っています。グラッツェ!!」とイタリア語で舞台挨拶を行いました。
上映中は、毛を剃るイメージ映像として森林のシーンが差し込まれたところで爆笑の渦に包まれ、「水素爆弾の作り方」という本のタイトルが出てきた瞬間にも笑いが起こりました。ラストシーンでは涙する人もおり、エンドロールが流れ始めると自然に拍手が沸き起こり最後まで鳴り止みませんでした。映画を観たイタリア人は「とても面白かった!」、「毛を剃るシーンが森林の中に変わるところは、詩的な表現でよかった」、「主役の男の子が暴走する様が面白くもあり、グッときた」など興奮ぎみに感想を語りました。

スイートプールサイド

また毛の悩みがテーマの本作にちなみ、イタリア人のムダ毛事情を調査したところ「基本的に毛の色素が薄く肌の色に近いので、剃っていない人が多い。遠目では気づかないけれど、近くで見ると結構ボーボーな人もいる。カミソリを使って剃る人もいるが、カミソリが強く、日本人ほどこまめに剃らないし、あまり気にしていない人が大半」とのこと。つまり毛に対して切実に悩む点に共感するというよりは、笑い飛ばす感じで本作を見ていたという面白い国民性の違いも浮き彫りになりました。
イタリア人の反応に対して松居監督は「笑いが起こっていたのは嬉しかったですし、日本的な微妙なニュアンスの表現の部分でもクスッと笑っている人もいて、とてもよかったです。同じシーンで笑う人もいれば、真面目に捉えている人もいて、人それぞれな感じがいいと思いました」と語りました。
松居大悟監督●“WA! Japan Film Festival”クロージング上映
上映日時:現地時間5月15日(木)20:30~
会場:イタリア・ミラノCinema Apollo
<上映後のティーチイン>
Q:漫画原作の作品ですが、映像化するにはいかがでしたか?
松居監督:原作は短いので、面白い部分を抽出して、それを膨らませて作ることを心がけました。
Q:苦労した点は?
松居監督:主人公の太田が綾子の毛を剃るにつれて、太田の感情が進展していくことをきちんと見せる点ですね。見ている人に変態的に映らないように、太田は全うに行動しているのだという点も苦労しました。
Q:監督の作品はわかりやすいハッピーエンドのものがあまりないようですが?
松居監督:僕は誰が見てもわかるハッピーエンドはあまり好きではなく、登場人物本人がハッピーエンドになることが本当のハッピーエンドだと思っています。
Q:映画祭の雰囲気はどうですか?
松居監督:ミラノ開催は初ということで、非常にアットホームな雰囲気です。規模は大きくないけれど、映画祭スタッフの情熱が『スイートプールサイド』に通じるところが非常にありますし、日本映画に愛情ある人たちが集まっているので、とても嬉しいです。
Q:最後に一言お願いします。
松居監督:国籍性別問わず、感じるものがあるということを感じることができて嬉しく思います。どうもありがとうございました。

公式Facebook:https://www.facebook.com/sweetpoolside
公式Twitter:@sweetpoolside
『スイートプールサイド』
6月14日(土) 新宿ピカデリー他 ロードショー
(C)2014松竹株式会社
→『スイートプールサイド』の記事を探す