MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

新生『頭文字D』宮野真守、中村悠一ら豪華キャスト発表! 予告編動画も解禁!

新劇場版 頭文字D Legend1発行部数4860万部! 車漫画・峠バトルの金字塔!!
宮野真守、中村悠一、小野大輔、平田広明、白石稔、内田真礼、土田大
豪華キャストによる新生『頭文字D』がついに発表!
1995年から18年間の長きにわたって「週刊ヤングマガジン」(講談社)に連載され、壮絶な公道最速バトルを通して“走り屋”たちの青春群像を描いてきた、しげの秀一原作の『頭文字D』。単行本全48巻の累計部数は4860万部を誇り、TV&映画のアニメ化や実写映画化もなされる等、今なお日本中の若者達を熱狂させ続けるクルマ&青春コミックの金字塔が、3部作として新たな伝説を紡ぎだします。


この度、新劇場版『頭文字D Legend1-覚醒-』のキャストとして主人公・藤原拓海役には宮野真守が決定! さらに拓海のライバル・高橋兄弟の弟、高橋啓介役には中村悠一、兄の高橋涼介には小野大輔、拓海の親友、武内樹を白石稔、クラスメイトの茂木なつきには内田真礼、そして、拓海の父親、藤原文太に、平田広明が決定しました!
また、同時に予告編・本ポスターも解禁!
劇場には5月17日より登場予定です。さらに前売り券も5月16日より発売開始となります。特典は数量限定「秋名スピードスターズ」のステッカー!
今回の新劇場版用に新しく描き起こされ、映画本編でも登場するステッカー。『頭文字D』ファンには必携のアイテムです。詳しくは公式HPをご覧ください。
●キャストからのメッセージ

新劇場版 頭文字D Legend1

・宮野真守(藤原拓海役)
拓海の想いをしっかり感じて、自分のできることに真っ直ぐ向かって演じました。
新劇場版『頭文字D』、映像も大迫力で、ものすごく疾走感溢れるエンターテイメントになっています! 是非、劇場でご覧ください!!
・中村悠一(高橋啓介役)
新劇場版イニシャルD、原作の面白さを存分に表現し、かつアニメならではの演出も加わっていると感じました。
原作ファンの皆様は勿論、自分のように「車はわからないけど…」という方でも必ず楽しめますので是非ご覧になってください!
・小野大輔(高橋涼介役)
今の自分のキャリアで出来得る限りの力を注ぎ込みました。楽しんでいただけたら嬉しいです。
・白石稔(武内樹役)
『頭文字D』の新たな魅力が詰まった、素晴らしい作品になったと思います。
楽しんで頂けたのなら嬉しいです。
・内田真礼(茂木なつき役)
新しいスタートとなる、劇場版頭文字Dですが、期待と不安がたくさん積募る中、わたしも全身全霊でなつきと向き合いました。
魅力的なキャラクター達とぜひ劇場で、出会ってください。
・土田大(池谷浩一郎役)
劇中で念願のシルビアに乗らせて頂き、ありがとうございます。新しい頭文字D、皆様ぜひ劇場にドリフトしに来てください!
・諏訪部順一(中里毅役)
2014年の今、新たに紡がれる『頭文字D』。ぜひ御覧ください。よろしくお願いします!!

●ストーリー
最速を謳う高橋兄弟と拓海の行動壮絶バトルを描く三部作第一弾!
豆腐屋の息子で、ガソリンスタンドでバイトする高校3年生の藤原拓海。このところ、彼の周囲が妙に騒がしい。秋名山・峠下りのドリフト勝負で、赤城レッドサンズの代表・高橋啓介の駆る黄色のFD3Sが、謎のパンダトレノ(AE86/通称ハチロク)に軽々と抜き去られてしまったというのだ。
まもなくして赤城レッドサンズは秋名山に集結し、あの勝負を目撃していた池谷をリーダーとする秋名スピードスターズに交流戦を持ちかけ、何と対戦相手にハチロクを指名してきた。
池谷はかつて“秋名最速の走り屋”と謳われていた拓海の父・藤原文太の存在を知り、彼に交流戦の参加を頼み込む。しかし当日、池谷や啓介たちの前に現れたのは……!
●スタッフ
原作:しげの秀一
監督:日高政光
脚本:関島眞頼
音楽:土橋安騎夫
製作:新劇場版「頭文字D」製作委員会
制作プロダクション:サンジゲン×ライデンフィルム
配給:松竹
●キャスト
藤原拓海:宮野真守
高橋啓介:中村悠一
高橋涼介:小野大輔
武内樹:白石稔
茂木なつき:内田真礼
藤原文太:平田広明
池谷浩一郎:土田大
中里毅:諏訪部順一
新劇場版『頭文字D Legend1-覚醒-』
8月23日(土)より全国ロードショー
(C)2014新劇場版「頭文字D」製作委員会
→『頭文字D』の記事を探す
→アニメニュースはこちら