MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

多華宮くん、『ウィッチクラフトワークス』一挙上映イベントが開催されたわ

冷めることのないファンの熱!
『ウィッチクラフトワークス』全話一挙上映イベントをレポート!
5月3日、新宿シネマートにて『ウィッチクラフトワークス』の全話一挙上映イベントが開催されました。ゴールデンウィークの真っただ中ということもあり、関東圏以外からも多くのファンが集結。会場は開演前から熱気に包まれました。

ウィッチクラフトワークス


オールナイトでの開催となったイベントのオープニングとして、メインキャスト陣によるトークショーが行われました。『ウィッチクラフトワークス』のキャラクター缶バッジを衣装に付けた多華宮仄役の小林裕介、火々里綾火役の瀬戸麻沙美、多華宮霞役の茅野愛衣、倉石たんぽぽ役の井澤詩織の4名が登場。
3月に放送された最終回の感想を司会から尋ねられると、
「12話を終えて満たされた気持ちになりました」(小林)
「初回から完璧超人のような綾火でしたが、じつは多華宮君といることで精神的に大きく成長したんだなと」(瀬戸)
「ウサギ兵士と摩訶ロンの友情に感動しました!」(茅野)
「ちゃんと最終回まで登場して良かった(笑)」(井澤)
と、それぞれ感慨深げに答えていました。また、1話と最終話で描写された仄と綾火の登校シーンにちょっとした違いがあることなど、放送終了後だからこそ語ることができるエピソードも披露されました。
その後も、「もし11連休があったらやりたいこと」、「映画館でポップコーンを買うか否か」など、作品に関することに留まらないキャスト陣のトークがユーモラスに展開。

ウィッチクラフトワークス

最後は
「『ウィッチクラフトワークス』関連の展開はまだまだ続くので、ずっと作品を好きでいてください!」(井澤)
「(霞と)お兄ちゃんとはまだまだ何かありそうなので、続きが観たいです」(茅野)
「Blu-rayやキャラクターソングアルバムも発売されます! ところで今ちょっと眠い人? (それなりに手が挙がり)我慢(笑)!」(瀬戸)
「僕のデビュー作と言えるので、成長のアルバムを観ていただくような感じもありますが……上映が終わったら綾火さんの抱き枕を抱いて、自宅でゆっくり寝てください(笑)!」(小林)
と、ファンへの感謝と作品への愛を感じさせる言葉でトークショーは締めくくられました。
直後からイベントは一挙上映へと突入。映画館ならではの大画面と良質な音響の中で、美麗な作画やきめ細やかな演出といった『ウィッチクラフトワークス』の世界観を心ゆくまで堪能することができました。
『ウィッチクラフトワークス』公式サイト:http://www.witch-cw-anime.jp
公式Twitter:@Witch_CW_anime 〔ハッシュタグ〕#witch_anime
(C)水薙竜・講談社/ウィッチクラフトワークス製作委員会
→2014年1月アニメ新番組特設ページ
→『ウィッチクラフトワークス』の記事を探す
→アニメニュースはこちら