MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

Vol.272 『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』『機動戦士ガンダム トワイライトアクシズ 赤き残影』

関係者・マスコミ試写にて『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』『機動戦士ガンダム トワイライトアクシズ 赤き残影』を鑑賞。『サンダーボルト』はネット配信された第2シーズン全4話、『トワイライトアクシズ』はガンダムファンクラブ独占配信した全6話に、それぞれ新作シーンを加えた特別編。

『サンダーボルト』:1年戦争終結後、ジオン残党軍にいたダリルは、サイコ・ザクの情報を得るため地球にいた。そして、連邦の軍閥である南洋同盟の支配地域で諜報員との接触を図っていた。そのころイオはアトラスガンダムのパイロットとして、やはり地球に降りていた。そして、連邦からの独立を目論む南洋同盟内で開発が継続されているリユースサイコデバイスの破壊を目的としたサンダーボルト作戦が発令された。

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER

ジオンのダリル、連邦のイオ。戦う宿命にある2人を軸にした『機動戦士ガンダム サンダーボルト』第2シーズンは、1年戦争終結後の地球を舞台にした物語。サンダーボルト宙域での戦いで衝撃を残したダリルの駆ったサイコ・ザク、それを実現するリユースサイコデバイスを軸とした話となっていきます。

そのリユースサイコデバイスの開発を継続していると言われる南洋同盟が今回初めて登場してくるわけですが、そこにはジオンで開発を担当していたセクストンや、イオの上官であり恋人であったクローディアがからんでおり、ダリルとイオもやはり運命のように引き寄せられていきます。

とはいえ、今回、ダリルとイオの直接対決はなく、ジオン残党VS連邦、連邦VS南洋同盟、南洋同盟VSジオン残党という三つ巴の争いに。『サンダーボルト』自体、ガンダムの世界をジオン側の視点に沿って描いていることだけあって、本作では旧ジオン軍のモビルスーツ、それも水陸両用タイプがたくさん登場して大活躍。

ダリルも搭乗しますが、アッガイの戦闘シーンは感激ものでしたね。他にもズゴックやゴッグ、はてはグラブロやマッドアングラーまで登場し、1年戦争時代のモビルスーツがいまの技術で動くとこれだけの映像になるのかという感じでした。

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER

そして人間模様も、第1シーズンを踏まえた上での進行となっており、リユースサイコデバイスの開発で年齢退行してしまったカーラや、部下を死地へ向わせることへの罪悪感から、やはり心が壊れてしまったクローディアが南洋同盟のカリスマであるレヴァン・フウのもとで信徒となっているあたりに、前シーズンからの時間の流れが描かれています。

話としてはこの先の、南洋同盟とのからみ、さらにその先にあるであろうダリルとイオの直接対決への伏線的な物語なので、本作だけで完結した形となっているわけではないのがちょっと残念です。一つのエピソードは超えたけど、まだ先があるからお楽しみに!というような作りですかね。まあ、原作がまだ続いているので仕方ない部分ではあるのですが。

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER『トワイライトアクシズ』:シャアの反乱の後、サイコフレームの存在に脅威を感じた連邦は、地球圏を漂うアクシズへの調査を命じる。かつてシャアのメカニックだったアルレットと、ジオンのテストパイロットだったダルトンがその調査隊に参加し、アクシズに潜入するが、そこで新型ガンダムの攻撃を受けてしまう……。

ガンダムファンクラブで独占配信されたショートアニメを再構築した本作は全体で20分強という短編。元々は矢立文庫という、サンライズ運営のウェブサイトに掲載された小説で、矢立文庫からは初めてのアニメ化作品になります。

『サンダーボルト』同様、宇宙世紀にまつわる物語であり、ザクIIIやバイアラン、R・ジャジャといったモビルスーツの登場がファンにはうれしいところ。また、シャアやララァについての回想などのほか、シャアの反乱の後、放置されたままだったサザビーがビジュアルとして登場するところが、ずっとガンダムシリーズを観てきた人の心をくすぐるんじゃないでしょうか。

話としてはTVの1話分くらいなので、あっという間に終わってしまう感じがありますが、その中にいろいろな要素が詰め込まれている、中身の濃い作品です。なお、上映は『サンダーボルト』の前に本作が上映されます。

『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』『機動戦士ガンダム トワイライトアクシズ 赤き残影』は、11月18日から全国15館で2週間限定公開されます。

(C)創通・サンライズ

●次の記事もオススメ ——————
来年春、ガンダムUC新プロジェクト発表! 実物大ユニコーンお披露目!

ついに誕生する赤い彗星『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』

→『ガンダム』の記事を探す