MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

綾小路と堀北の起死回生の一手『ようこそ実力至上主義の教室へ』第6話

好評放送中のTVアニメ『ようこそ実力至上主義の教室へ』
その第6話の場面カットが届きました。

ようこそ実力至上主義の教室へ

●第6話「嘘には二種類ある。過去に関する事実上の嘘と未来に関する権利上の嘘である。」
脚本:江嵜大兄
絵コンテ:木野目優
演出:伊藤史夫
作画監督:山田 勝/樋口博美/堀江由美

ようこそ実力至上主義の教室へ

勇気を出して佐倉が証言してくれたため、CクラスとDクラスの審議は五分に持ち込まれ、後日に再審議が行われることとなった。しかし、佐倉の証言がDクラスにとって最後の切り札だったため、ここからさらに審議を優勢に傾けるためには、別の手がかりが必要となる。

ようこそ実力至上主義の教室へ

暴行事件が起こった現場を再び調査していく綾小路と堀北。折りふし、佐倉の周囲には怪しい人物の影がチラついていた。佐倉愛里のもう一つの顔=グラビアアイドル『雫』の熱狂的ファンである男が、校内に入り込み、彼女をストーキングしていたのだ。

ようこそ実力至上主義の教室へ

ようこそ実力至上主義の教室へ

暴行事件の審議と、佐倉に迫るストーカーの魔手。2つの事件が錯綜する中、綾小路と堀北は起死回生の一手を打つ!

ようこそ実力至上主義の教室へ

公式サイト:http://you-zitsu.com
公式Twitter:@youkosozitsu

(C)衣笠彰梧・株式会社KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
審議で追い込まれていくDクラス『ようこそ実力至上主義の教室へ』第5話

暴行事件の裏にCクラスの暗躍『ようこそ実力至上主義の教室へ』第4話

→『ようこそ実力至上主義の教室へ』の記事を探す

→2017年7月アニメ新番組特設ページ