MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『スパイダーマン:ホームカミング』週末興収No.1スタート!

日本でのNo.1達成によりオープニングNo.1は 世界54ヵ国に!
『スパイダーマン:ホームカミング』週末興行収入No.1スタート!
『アメイジング・スパイダーマン2』週末3日間成績比148%

SNSでも大絶賛! 史上最高のスパイダーマンを実感する声多数!

スパイダーマン:ホームカミング

15歳の高校生スパイダーマンとアイアンマンとの競演で話題のスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』(ソニー・ピクチャーズ配給)が8月11日(祝・金)に日本公開を迎え、週末土日2日間で動員28万9898人、興行収入4億4841万600円となり、週末興行収入No.1ヒットスタートを切りました。

公開初日から3日間の累計成績は累計動員50万6929人、累計興行収入7億7532万5400円と大ヒットとなっています。日本でのNo.1オープニング達成により、オープニングNo.1は世界54ヵ国となり、全世界累計興行収入は今週末で7億ドル(約763億円、1ドル=109円、8月14日現在)を突破しました。

スパイダーマン:ホームカミング

3連休となった公開週末に劇場には、若い中高生の姿からカップルや大人まで、男女問わず幅広い年齢層のお客様が見受けられました。本作の興行収入は、『アメイジング・スパイダーマン2』の公開週末3日間累計興行収入対比で148%と、大きく超えてのオープニング成績となりました。

さらには、国内No.1映画レビュー数を持つ映画レビューサービスFilmarksでの星評価は4.0(8月14日現在)と、夏興行の作品の中では最高評価。TwitterなどでのSNS上でも本作を見たお客様からの興奮の感想が続々とアップされており、初めてスパイダーマンを観た人からアメコミファンまで新スパイダーマンの虜になっている熱い声が聞こえてきます。

スパイダーマン:ホームカミング

●興行成績
8月11日(祝・金) 動員217,031人 /興行収入326,914,800円
8月12日(土) 動員157,404人 /興行収入242,403,500円
8月13日(日) 動員132,494人 / 興行収入206,007,100円
土日合計 動員289,898人 /興行収入448,410,600円
3日間累計 累計動員506,929人 /累計興行収入775,325,400円

●スタッフ・キャスト
原題:Spider-Man: Homecoming
全米公開:2017年7月7日
監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』)
キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』、『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニーJr.(『アイアンマン』、『アベンジャーズ』) マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、 マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』) ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

スパイダーマン:ホームカミング

『スパイダーマン:ホームカミング』
日本全国大ヒット上映中!
公式Twitter:@spidermanfilmjp

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

●次の記事もオススメ ——————
スパイダーマン、アイアンマンと空を飛ぶ!『スパイダーマン』初映像!

『スパイダーマン:ホームカミング』日本公開が2017年8月11日に決定!

→『スパイダーマン』の記事を探す