MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

我が子であるジードが主役ということで、ベリアル陛下もお喜びのご様子

光の国のウルトラ戦士でありながら、悪の道に堕ちた唯一の戦士、ウルトラマンベリアル。

元々は他のウルトラマンたちと同様の赤と銀の体でしたが、悪堕ちし、体まで黒く染まりました。

ウルトラマンベリアル

能面のように、撮る角度や照明などによって、形を変えずに表情を作るウルトラマンたちのマスクに対し、ベリアルのマスクデザインはさらに感情を表しやすいように感じます。この写真も笑っている感じがしますよね。

ウルトラマンジードの父親なわけですが、『ウルトラマンジード』本編の中でどのように登場するのか(な?)、楽しみです。

2017年6月、『ウルトラマンジード』製作発表会にて撮影。

『ウルトラマンジード』:http://m-78.jp/geed/

(C)円谷プロ (C)ウルトラマンジード製作委員会・テレビ東京

※写真は撮影時のものであり、変更されている場合があります。

●次の記事もオススメ ——————
『ウルトラマンジード』タイプ別特徴、第1話・第2話のあらすじを公開

『ウルトラマンジード』初お披露目!キャスト登壇で製作発表会を開催

→『ウルトラマン』の記事を探す

→映画・アニメ・特撮写真館に戻る