MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

スイスが名誉と情熱をかけた『ハイジ アルプスの物語』8月下旬公開

世界中で愛されている不朽の名作「ハイジ」が実写映画になりました!
本国スイスが名誉と情熱をかけた21世紀版ハイジ『ハイジ アルプスの物語』
──新たなマスターピースがここに誕生──

ハイジ アルプスの物語

これまでに世界で約60もの言語に翻訳され、5000万部以上発行されている児童文学「ア
ルプスの少女ハイジ」。そんなハイジを生んだ国スイスが、21世紀版ハイジとして新たな実写映画を製作、『ハイジ アルプスの物語』(原題:HEIDI/字幕版/日本語吹き替え版/キノフィルムズ配給)の邦題で8月下旬に日本公開が決定、合わせて場面写真が解禁されました!

世界中でこれほど長く愛され続けているのは、ハイジの物語に子供たちが大人になる時に、そして大人になってからも迷った時に、心に響くメッセージがたくさん詰まっているから。なぜ学ぶことが必要なのか、なぜ人を思いやることが大切なのか、ハイジがまぶしい笑顔で教えてくれます。

日本でもアニメーション化され、“子供に見せたい名作アニメ”として、真っ先にその名があがるハイジの物語。そんなハイジを生んだ国スイスが、未来の見えない混迷した時代の今こそ自国の宝であるハイジの物語が必要だと実感し、情熱とプライドをかけて21世紀版ハイジとして新たなマスターピースを生み出すべく製作されたのが、本作『ハイジ アルプスの物語』です。

ハイジに扮するのは、500人の候補の中から選ばれたアヌーク・シュテフェン。アルムおんじには、『ヒトラー ~最期の12日間~』の名優、ブルーノ・ガンツ。新しいと同時に懐かしい、そんなハイジの冒険物語が、アルプスの風に乗って今、日本へやってきます!

●スイス人監督 アラン・グスポーナー コメント
ハイジの物語は子供のころに3作品を観た。70年代のテレビ版、50年代のモノクロ版、それに日本のアニメ版だ。どれもお気に入りだったよ。

監督のオファーを受けてまず僕はヨハンナ・シュピリの小説を再読したところ、いろんな問題が詰め込まれたすごくパワーのある社会派ドラマに、すごく引き込まれたんだ。作品の根底には“抑圧からの解放”と“自分の居場所を見つける”というテーマがあることに気付いた。これにはワクワクさせられるし、いつの時代にも通じるとても根源的なテーマだ。

●ストーリー
少女の名はハイジ、アルプスから日本に〈本当の幸せ〉を届けにやってきた!
アルプスの山の大自然に囲まれ、ガンコだけれど優しい祖父と楽しく暮らしていたハイジ。ところがある日、大富豪のお嬢様のクララの話し相手として、フランクフルトの都会へ連れていかれることに。足が悪く車いす生活を送っていたクララは、明るく素直なハイジに励まされ元気を取り戻していきます。ハイジとクララは固い友情で結ばれます

が、ハイジは日に日におんじの待つアルプスの山が恋しくなってしかたないのでした……。

●スタッフ・キャスト
出演:アヌーク・シュテフェン、ブルーノ・ガンツ、イザベル・オットマン
監督:アラン・グスポーナー
原作:「アルプスの少女ハイジ」(講談社青い鳥文庫) 協力:スイス政府観光局
配給:キノフィルムズ
原題:HEIDI /2015年/スイス・ドイツ/カラー/ヴィスタ/5.1ch/111分
日本語字幕:吉川美奈子
レイティング:G指定

『ハイジ アルプスの物語』
8月下旬より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

(C)2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH

→『ハイジ』の記事を探す