MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『映画ドラえもん』昨年に続き、新シリーズ興行収入歴代1位を更新!

3月4日(土)より全国東宝系で公開中のシリーズ37作目『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が、公開44日間で、興行収入41.4億円を突破し、昨年に引き続き、新シリーズ(現在の声優陣で制作された『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』以降の作品)最高の興行収入を突破・更新しました!(昨年の約106.8%で推移)

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

さらに、『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(2016年3月5日公開)が5月4日(水)(公開61日間)で40億円を突破しているのに対し、今年は、4月9日(日)(公開37日間)で、40億円を突破。昨年よりも24日間早く40億円を突破しました。

シリーズ37作目となる本作は、原作者の藤子・F・不二雄の得意とするS(すこし)F(ふしぎ)な南極での壮大な冒険を、『千と千尋の神隠し』(2001年)にて監督助手を担当、『青の祓魔師 -劇場版-』(2012年)で監督デビューを飾った高橋敦史がオリジナルストーリーで手がけ、子どもだけではなく、大人も楽しめる作品として、『モアナと伝説の海』、『SING』と共に、春休み興行を牽引。今春のアニメ映画の盛り上げに一役買いました。

●興行成績
動員:365万6559人
興行収入:41億4795万7300円
3月4日(土)~4月16日(日)44日間成績(東宝調べ)

・これまでの新シリーズ最高興行収入記録
『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(2016年3月5日公開):41億2000万円

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』
全国東宝系にて大ヒット公開中!

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017

●次の記事もオススメ ——————
寒さが苦手で、人間と同じような感覚を持つドラえもん

ぼく、トラのもん。未来からやってきたネコ型ビジネスロボット

→『ドラえもん』の記事を探す