MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

黄金騎士ガロを乗せ、現実と魔界を往来する魔導馬“轟天”

AnimeJapan 2017に登場した、実物大の轟天。まずは全体像から。

高さ3mの圧倒的な迫力に加え、照明の変化によって様々な表情が演出されていました。

牙狼<GARO>

その大きさのため、全体を入れようとするとある程度下がることになるので、人がジャマになることはなかったと思いますが、この角度だと向こう側にどうしても人写ってしまう……ということで、来場者が入る前に押さえておきました。それでも少し入ってしまってますが。

フォトコンも行われたようですが、どう写しても絵になってしまうモチーフなので、優秀賞を選ぶのたいへんでしょうね。

2017年3月 AnimeJapan 2017にて撮影。

『牙狼<GARO>』Project公式サイト:http://garo-project.jp/

(C)2005 雨宮慶太/Project GARO

※写真は撮影時のものであり、変更されている場合があります。

●次の記事もオススメ ——————
古の竜の卵からふ化した、リンゴ好きのループ

AnimeJapanに実寸大 魔導馬「轟天」が登場! フォトコンも実施!

→『牙狼<GARO>』特設ページ

→映画・アニメ・特撮写真館に戻る