MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

平和が戻れば安定した出世の道が待っているという確信『幼女戦記』第11話

好評放送中のTVアニメ『幼女戦記』
その第11話のあらすじと場面カットが届きました。

幼女戦記

●第11話「抵抗者」
脚本:猪原健太
絵コンテ・演出:立川 譲
作画監督:牧 孝雄/髙田晴仁/谷口宏美

幼女戦記

ターニャは敵のライン方面軍司令部を強襲し、共和国軍の指揮系統撃滅に成功。その機に合わせ、帝国軍は坑道戦術でライン戦線左翼の敵陣地を突破。続けて機動力を活かした回転ドア作戦により、遊兵化した敵主力部隊を完璧に包囲した。

幼女戦記

幼女戦記

あとわずかで共和国との戦争を終わらせられる。平和が戻ってくれば安定した出世の道が待っている。そんな確信を抱きながら、ターニャは大隊を率いてライン戦線に赴いていた。

幼女戦記

幼女戦記

その数刻前、帝国軍が劣勢と見ていた連合王国は、本格的な参戦を開始。もはや遅すぎた介入ではあったが、そこにはターニャに憎悪を燃やすアンソンが、義勇兵として参加していた。アンソンは不意を突いてグランツを撃墜し、大隊との戦闘を開始する。

『幼女戦記』公式サイト:http://youjo-senki.jp/
公式ツイッター:@youjosenki
ハッシュタグ#youjosenki

(C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『幼女戦記』ミニアニメ「ようじょしぇんき」#10が公開。2週間限定

「衝撃と畏怖作戦」と名付けられた極秘計画『幼女戦記』第10話

→『幼女戦記』の記事を探す

→2017年1月アニメ新番組特設ページ