MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『アリスと蔵六』紗名に大和田仁美、樫村蔵六は大塚明夫が担当

アリスと蔵六第17回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門新人賞受賞作『アリスと蔵六』ついにアニメ化!
TOKYO MX・KBS京都・サンテレビ・BS11にて4月、放送開始!

彼女はそれまで“外の世界”を知らなかった。
初めて触れるモノ、初めて見る風景、そして初めて出会う人々……
そんな“世界”の広がりに、戸惑い、驚き、目を見開く。

名前は紗名(さな)。“研究所”と呼ばれる施設で、“外の世界”を知らずに生まれ育った少女。
しかも、あらゆる想像を具現化する――「アリスの夢」と呼ばれる特殊な能力の持ち主でもあった。

そして初めての“外”で、彼女はひとりの老人と出会う。名前は樫村蔵六。「曲がったことが大嫌い」で「悪いことは悪い」という頑固じいさん。そんな蔵六との出会いが、紗名の運命を大きく変えていく。

紗名を追う謎の組織、次々と現れる能力者たち、そして心優しい人々との出会い……
世間知らずだった“アリス”は、鏡の門(ルッキング・グラス)を 抜けて 、世界の本当の姿を知ることになる。

アリスと蔵六

――そう、これは、私がまだ、自由に夢の国へ行けた頃の話

●キャラクター紹介
・紗名(さな) CV:大和田仁美
外の世界に憧れ、“研究所”と呼ばれる施設を抜け出してきた少女。
「自分が想像した通りに 周囲の物理法則を書き替える」という、万能の力を持つ。
そのせいか、性格はワガママで世間知らず。
謎の組織に追われている最中に蔵六と出会う。

アリスと蔵六

・樫村蔵六(かしむらぞうろく) CV:大塚明夫
白髪に太い眉、つねにムッとしたような表情を崩さず、しかも無口。
加えて「曲がったことが大嫌い」という、まさに絵に描いたような“頑固じいさん”
孫の早苗とのふたり暮らし。
街で途方に暮れていた紗名に声をかけ、騒動に巻き込まれることに。

アリスと蔵六

●スタッフ
原作:今井哲也(徳間書店「月刊COMICリュウ」連載)
監督:桜美かつし
シリーズ構成:髙山文彦
キャラクターデザイン:岩倉和憲
音楽:TO-MAS
アニメーション制作:J.C.STAFF

●キャスト
紗名:大和田仁美
樫村蔵六:大塚明夫

公式サイト:www.alicetozouroku.com
公式Twitter:@alicetozouroku

(C)今井哲也/徳間書店・「アリスと蔵六」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
文化庁メディア芸術祭 マンガ部門新人賞『アリスと蔵六』TVアニメ化決定

→『アリスと蔵六』の記事を探す

→2017年4月アニメ新番組特設ページ