MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

今、万感の思いを込めて汽笛が鳴る。今、万感の思いを込めて汽車がゆく。

「私はあなたの思い出の中にだけいる女。私はあなたの少年の日の心の中にいた青春の幻影」。劇場版『銀河鉄道999』の、胸がつまるような切ないシーン。

写真はメディコスエンタテインメントさんのフィギュアで、かなり前に発売されたフィギュアが展示されていたのですが、また新たに発売されるのかも知れません。

銀河鉄道999

「どうしても行くのかい、メーテル」と尋ねる鉄郎にそっとキスをして旅立っていくメーテル。999号の後ろ姿を追いかける鉄郎。ほんの数分ですが、999のすべてを集約した屈指の名シーンだと思います。

今、万感の思いを込めて汽笛が鳴る。今、万感の思いを込めて汽車がゆく。一つの旅は終わり、また新しい旅立ちが始まる。さらばメーテル。さらば銀河鉄道999。さらば、少年の日々。

2016年7月 ワンダーフェスティバル2016[夏]にて撮影。

『銀河鉄道999』http://www.toei-anim.co.jp/movie/999/

(C)松本零士・東映アニメーション

●次の記事もオススメ ——————
上州を駆け抜けた銀河鉄道999号 残念ながら宇宙は走りません

鉄郎、メーテル、そして車掌さんとの川の旅。松本零士デザイン・ヒミコ

→『銀河鉄道999』の記事を探す

→映画・アニメ・特撮写真館に戻る