MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ゴジラがゴジラらしい姿と迫力が出せるアングルとフレーミング

『シン・ゴジラ』に登場するゴジラは、これまでのゴジラとかなり違う姿、それから雰囲気を持っていました。

ただれたような皮膚、小さな手、長いしっぽ、上向きの足の爪、顔に比べて小さな目……。しかし、この角度とフレーミングであれば、ゴジラらしい姿になります。

ゴジラ

これは、これまで登場したゴジラにも言えるのですが、ゴジラらしいシルエットを考えたとき、斜め後ろから背びれの形がわかるように撮影すると、ほぼ例外なくイメージするゴジラ像になるのです。

写真を撮るとき、顔というか、特に目のあたりを入れたくなるのが人情というものですが、ゴジラは、その特徴的な背びれが入ってこそ、ゴジラらしくなります。

2016年8月 福岡市美術館「ゴジラ展」にて撮影。

『シン・ゴジラ』公式サイト:http://shin-godzilla.jp/

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

※写真は撮影時のものであり、変更されている場合があります。

●次の記事もオススメ ——————
ゴジラによって破壊された東京駅のミニチュアセット

福岡タワーに再びゴジラが迫る!実際の高さに合わせたゴジラビジュアル

→『ゴジラ』の記事を探す

→映画・アニメ・特撮写真館に戻る