MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『天鏡のアルデラミン』第11話、時間を稼ぐために戦いを決断するイクタ

好評放送中のTVアニメ『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』
その第11話のあらすじ&場面カットが届きました。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

●第11話「常怠vs不眠」
脚本:ヤスカワショウゴ
絵コンテ:浅香守生
演出:籔田修平
総作画監督:香月邦夫
総作画監督補佐:前原桃子

「一戦を交える頃合いだ」。そう決意の表情を浮かべるイクタ。だがマシューは、このまま火線防御陣作戦を続けるべきではと疑問を呈す。それに対し、敵が迂回してくる可能性を示唆するイクタ。実は、ガガルカサカン大森林は西で果てるところよりもさらに先に細い山道があり、そのまま道を選んで進めば、迂回して帝国軍陣地後方に出ることが可能なのだ。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

とはいえ迂回は、遠回りした分だけ攻め入るのが遅れるので、アルデラ神軍にとって苦渋の選択となる。一方で帝国軍にとっては迂回されてしまえば撤退時間を稼ぎ切れず、時間切れになってしまうという状況だった。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

迂回に意識を割かれないために、どうしてもここで一戦を交える必要がある……。こうして、撤退のための直接交戦が始まった――。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

アニメ公式Webサイト:http://alderamin.net/
アニメ公式twitter:@alderamin_anime(推奨ハッシュタグ:#アルデラミン #alderamin)

(C) 2015 宇野朴人/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/「天鏡のアルデラミン」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『天鏡のアルデラミン』第10話、そこに広がっていたのは絶望的な光景

『天鏡のアルデラミン』第9話、イクタが牽制のつもりで示した抵抗

→『天鏡のアルデラミン』の記事を探す

→2016年7月アニメ新番組特設ページ