MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『天鏡のアルデラミン』第10話、そこに広がっていたのは絶望的な光景

好評放送中のTVアニメ『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』
その第10話のあらすじ&場面カットが届きました。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

●第10話「ラ・サイア・アルデラミン」
脚本:ヤスカワショウゴ
絵コンテ:小島正幸
演出:熨斗谷充孝
総作画監督:平野勇一
総作画監督補佐:前原桃子・香月邦夫

集落に入ったイクタ達が見たものは、暴徒化した友軍兵士だった。イクタはヤトリと共に突入し、なんとか場を治める。締めくくりとしては最悪だが、ともあれ戦争は終わったのだ。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

肩の荷を下ろす帝国軍一行。そんな状況を見計らったかのように、彼らのもとへ突如アルデラ教の世情査察官が訪れる。その理由は「精霊に対する虐待について」の通告。慌てるサフィーダの言葉に聞く耳を貸さず去っていく査察官を、イクタは追うはめになる。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

だが、すぐさま彼の渋面は戦慄に固まった。そこに広がっていたのは絶望的な光景――。イクタの脳裏に、トァック殺害現場にあった巡礼服が蘇る。彼はついに理解した。この戦争に裏で噛んでいたのはキオカ共和国……だけではない。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

アニメ公式Webサイト:http://alderamin.net/
アニメ公式twitter:@alderamin_anime(推奨ハッシュタグ:#アルデラミン #alderamin)

(C) 2015 宇野朴人/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/「天鏡のアルデラミン」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『天鏡のアルデラミン』第9話、イクタが牽制のつもりで示した抵抗

『天鏡のアルデラミン』第8話、帝国軍に夜襲を仕掛けてくるシナーク族

→『天鏡のアルデラミン』の記事を探す

→2016年7月アニメ新番組特設ページ