MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『天鏡のアルデラミン』第8話、帝国軍に夜襲を仕掛けてくるシナーク族

好評放送中のTVアニメ『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』
その第8話のあらすじ&場面カットが届きました。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

●第8話「いつか、三度目に」
脚本:大西信介
絵コンテ・演出:古川知宏
総作画監督:香月邦夫
総作画監督補佐:前原桃子

慣れない高地での戦いによって、少しずつ疲弊していく帝国軍。悪化する戦況に、士官候補生も前線に出されることとなる。一足先に前線に敷設された野戦病院にも人が絶えず、そこで手当をしているハロも疲れの色が隠せない。さらに、彼女はある懸念を抱いていた……。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

そこにやってきたイクタは、野戦病院を後方に移すべきではというハロの考えを後押しする。イクタは気付いていたのだ。この戦いの行方が、ある要因によって大きく左右されていることに。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

その時、彼らのいる陣地にシナーク族が夜襲を仕掛けてくる。イクタは責任者ニカフーマに迎撃部隊を援護する提案をし、指揮を採る。はたして彼の戦術は本当の戦地にあっても活きるのか……?

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

アニメ公式Webサイト:http://alderamin.net/
アニメ公式twitter:@alderamin_anime(推奨ハッシュタグ:#アルデラミン #alderamin)

(C) 2015 宇野朴人/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/「天鏡のアルデラミン」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『天鏡のアルデラミン』第7話、安穏とした時間は銃声により掻き消される

『天鏡のアルデラミン』第6話、ヤトリに決闘を申し込んだデインクーン

→『天鏡のアルデラミン』の記事を探す

→2016年7月アニメ新番組特設ページ