MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

原案・脚本・総監修 虚淵玄『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』先行上映

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』、『PSYCHO-PASS サイコパス』、特撮『仮面ライダー鎧武/ガイム』、オリジナル劇場作品『楽園追放 -Expelled From Paradise-』など、話題作を手掛けきたニトロプラス“虚淵玄”が挑む新ジャンルの映像作品『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』。

6月25日(土)、新宿バルト9にて開催された7月8日(金)から放送開始する新番組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の先行上映会。当日は第1話と第2話の上映に加えて、凜雪鴉(リンセツア)役の鳥海浩輔さん、殤不患(ショウフカン)役の諏訪部順一さん、丹翡(タンヒ)役の中原麻衣さん、蔑天骸(ベツテンガイ)役の関智一さん、さらに原案・脚本・総監修の虚淵玄さんによるトークショーを行いました。

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

まず虚淵さんによる布袋劇(ほていげき)に関する話からスタート。布袋劇とは台湾の伝統芸能のひとつで、現地では知らない人はいないほどメジャーなジャンルであるという解説や、約2年前に訪れた台湾で布袋劇に出会い、「なんとしても日本に布袋劇を広めたい」という一心で『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の制作に着手したというエピソードなど紹介しました。

キャラクターを演じた声優陣からは、「作品の感想」や「演じておもしろかった点」が語られ、鳥海さん、諏訪部さん、中原さん、関さん揃って「とにかくスゴい!」と大絶賛。加えて、鳥海さんは「自分の想像を遥かに超えた作品」、諏訪部さんは「早く放送して欲しいと思い続けていた」と語ると、満員の客席から大きな拍手がおくられました。

さらに中原さんは「人形がこれほど速く動くとは意外だった」と初見の感想を紹介。そして関さんは、「アニメでもなく人形劇でもない作品」と感想を述べると、さきほど先行上映を見終わったばかりの来場者たちは大きくうなずいていました。

トークショーの途中では、『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の総監督であり、制作を担当した霹靂社の会長である黄強華氏からのVTRコメントを紹介。黄氏は「この作品は弊社とニトロプラス、グッドスマイルカンパニーの合同作品。テレビでの放送をリアルタイムで観てほしい」というメッセージを日本のお客様にむけて送りました。

台湾からのビデオレターを踏まえて、話題は日本に先駆けて台湾で行われた先行上映会に。現地の上映会に招待された鳥海さんと虚淵さんはイベントの様子を語り、鳥海さんは「大好評で嬉しかった」と前置きをした後に、「日本語バージョンと台湾語バージョンを上映したが、どちらも笑いが起きる場所が同じだった」と現地の声を紹介。

そして虚淵さんは「布袋劇を日本向けに味付けしてしまったが、台湾でもウケてくれたのは嬉しかった」と率直な感想を述べました。

先行上映会&トークショーは大盛況のうちに終了。日本だけでなく、台湾でも注目されている『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』が、今後どのような展開をみせてくれるのかお楽しみに!

●ファンへのメッセージ
・虚淵玄さん
みなさんに観てもらえる日を待ち望んでいました。布袋劇は言葉では表せない作品なので、実際に観ていただくしかありませんでした。今日はそれがかなって本当に嬉しかったです。テレビでの放送も楽しんでいただきたいです。

・鳥海浩輔さん
自信を持ってみなさんにお届けできる作品です。今日ご覧になったみなさんだけでなく、まだ観ていない多くの方々にも『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』を観ていただきたいです。これから布袋劇の魅力を広めていきたいです。

・諏訪部順一さん
今日は第1話と第2話をご覧になっていただきましたが、いかがでしたか? もしも「おもしろかった」という方は、(SNSなどで)拡散してください(笑)。我々も力を入れて作った作品です。みなさんの協力で、より多くの方々に作品を知っていただきたいです。

・中原麻衣さん
これからもいろいろなキャラクターが登場します。ぜひ最後まで観て、楽しんでいただきたいです。

・関智一さん
演出もさることながら、内容もさまざまな伏線があります。続けてご覧になって頂くと、あっと驚くことがあると思います。

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

また先行上映会にて、講談社刊行の雑誌「モーニング」でコミカライズの連載開始を発表。コスプレをテーマにした『コンプレックス・エイジ』で話題となった漫画家・佐久間結衣さんが描きます。

7月21日(木)モーニング34号より連載が開始され、14日(木)発売の前号では虚淵玄さんと佐久間先生の対談記事も掲載されます。

7月8日(金)の本放送に向け、7月1日(金)には『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の事前特番を放送! 布袋劇制作の現場や虚淵玄さんが語る本作誕生の裏側、第一話の一部ダイジェスト映像をお披露目します。

●『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』事前特番
TOKYO MX・BS11・AT-Xにて2016年7月1日(金)放送(TOKYO MX 23時~、BS11 23時30分~、AT-X 24時~)。
※都合により放送時間は変更になる可能性がございます。

●『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』
かつて魔界の軍勢と人間界が争った戦において、人間たちによって鍛造され、無双の力を発揮した数々の武器である「神誨魔械」。

戦の後、数多の神誨魔械は護印師らによって長く守られてきたが、その中でも護印師の「丹衡」「丹翡」兄妹によって守られてきた最強の武器「天刑劍」が、今まさに「蔑天骸」率いる悪の手に落ちようとしていた。

蔑天骸の追求から逃れる途中、丹翡は偶然にも「凜雪鴉」「殤不患」の両名と出会い、その助力を得ることに。奇縁により導かれた3人は、新たに加わる個性豊かな仲間たちと共に各々の思いを抱き、蔑天骸の居る七罪塔を目指すこととなるのであった。

・キャスト
凛雪鴉:鳥海浩輔
殤不患:諏訪部順一
丹翡:中原麻衣
狩雲霄:小山力也
捲殘雲:鈴村健一
刑亥:大原さやか
殺無生:檜山修之
丹衡:平川大輔
廉耆:山路和弘
蔑天骸:関 智一
殘凶:安元洋貴
獵魅:戸松 遥
凋命:大川 透
ナレーション:田中敦子 ※敬称略

・スタッフ
原作:Thunderbolt Fantasy Project
原案・脚本・総監修:虚淵玄(ニトロプラス)
操演・撮影:霹靂國際多媒體股份有限公司
キャラクターデザイン:ニトロプラス(三杜シノヴ/源覚/Niθ/中央東口)
武器デザイン:霹靂國際多媒體股份有限公司、石渡マコト(ニトロプラス)
造形アドバイザー:グッドスマイルカンパニー
音楽:澤野弘之
音響監督:岩浪美和
制作:Thunderbolt Fantasy Project
主題歌:「RAIMEI」T.M.Revolution

・放送情報
TOKYO MX:7月8日より毎週金曜23:00~
BS11:7月8日より毎週金曜23:30~
AT-X:7月8日より毎週金曜24:00~
バンダイチャンネルほかにて配信予定

※都合により放送時間は変更になる可能性がございます。

公式サイト:www.thunderboltfantasy.com
公式twitter:@TBF_PR ハッシュタグは#TBF_P

(C)2016 Thunderbolt Fantasy Project

→『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の記事を探す

→2016年7月アニメ新番組特設ページ