MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

トム・クルーズ最新作『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』公開決定

法が裁かなくても俺が裁く
世界で最も危険な流れ者(アウトロー)ジャック・リーチャーが帰ってくる!
『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』11月11日(金)日本公開決定!
第一弾予告映像解禁!

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

元米軍エリート秘密捜査官にして今は街から街へと放浪を続ける一匹狼、ジャック・リーチャーを『ミッション:インポッシブル』シリーズなどでおなじみのトム・クルーズが熱演し、世界興収2億1800万ドルのヒットを記録、日本でも大ヒットした前作『アウトロー』(2013)。

この度、リー・チャイルドのベストセラー小説「ジャック・リーチャー シリーズ」18作目の「Never Go Back」を原作に、待望の続編である『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(原題:『Jack Reacher: Never Go Back』)が、東和ピクチャーズより配給、11月11日(金)より全国公開することが決定しました。また、併せて第一弾予告映像が解禁されました。

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつけるところから始まる本映像。そこには何人もの男たちが倒れていた……これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は、“ジャック・リーチャー”。

手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠は あんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる……。

リーチャーは古巣である軍に立ち寄るため、現在の指揮官であるターナー少佐を尋ねて訪れるも、当の本人はスパイ容疑で逮捕されたと聞かされる。ターナー少佐ははめられたのだと感じたリーチャーは、彼女を助けるため動き始めるが、そこにはリーチャーを追う謎の影が……。

しかし、軍で培った能力で次々に敵を倒していき、ターナー少佐を牢獄から脱出させることに成功。何かの陰謀が絡んでいる可能性があると踏んだ二人は、真相解明に乗り出す……!

前作で監督を務めた、『ユージュアル・サスペクツ』(1995)の名脚本家クリストファー・マッカリーから代わり、今作では、『ラストサムライ』(2003)で監督を務めたエドワード・ズウィックとトム・クルーズが再タッグ!

また、脇を固めるのは、『アベンジャーズ』(2012)でマリア・ヒル役を演じ、一躍有名となったコビー・スマルダース、海外の大人気TVドラマシリーズ『HEROES』でのマリナ役が記憶に新しい、ダニカ・ヤロシュ、海外の大人気TVドラマシリーズ『プリズン・ブレイク』で、死刑囚ティーバッグ役を演じブレイクしたロバート・ネッパーなどの実力派キャストたちが揃いました。

CGやスタントは一切なし、トム・クルーズが自ら挑んだ生身のド迫力アクションが見所のひとつであった前作ですが、今回到着した映像内でも、トム・クルーズのアクションが炸裂! 観る者を翻弄させたサスペンス要素も健在であることがわかります。

●スタッフ・キャスト
出演:トム・クルーズ、コビー・スマルダース、ダニカ・ヤロシュ、ロバート・ネッパー他

監督:エドワード・ズウィック
脚本:エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ
製作:クリストファー・マッカリー、トム・クルーズ、ドン・グレンジャー
原作:リー・チャイルド「Never Go Back」(2013年、シリーズ18作目)
原題:『Jack Reacher Never Go Back』
北米公開:2016年10月21日(金)
配給:東和ピクチャーズ

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』
11月11日(金)全国ロードショー!

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

●次の記事もオススメ ——————
トム・クルーズ新シリーズ『アウトロー』興収15億円超え確実の大ヒット発進!

最も危険でワイルドなトム・クルーズ誕生!『アウトロー』邦題決定!

→『ジャック・リーチャー』の記事を探す