MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

齊藤工さんが発案した「cinéma bird(移動映画館)」第3弾を大分で開催

俳優・齊藤工さんが発案した「cinéma bird(移動映画館)」プロジェクトの第3弾「cinéma bird in OITA」が5月14日(土)、15日(日)、大分県豊後大野市にある真宗大谷派(東本願寺)明尊寺で開催されました。

「cinéma bird」プロジェクトとは映画館のない地域や被災地に映画を届けるプロジェクトで一昨年の石巻、昨年の福島県広野町に続き今回が3回目の開催となりました。

cinéma bird

●cinéma bird in OITA
日時:5月14日(土)、5月15日(日)
場所:真宗大谷派(東本願寺)明尊寺
登壇者:齊藤工、永野、MOGMOS、古賀小由実

今回大分県大野豊後市にある明尊寺で開催することのなったのは熊本にルーツがあるという齊藤さん自身が大分で目的地も決めずにドライブをしていたら近くにたどり着いたというのがきっかけ。

お寺と映画というのは一見ミスマッチに感じますがそれに対しては「お寺というのは昔から最新のものを発表する場で、寺子屋などもやっていて、人が気軽に集まれる場所だということを考えるとお寺でやるというのもよいのではないかと思います」とコメント。

お寺の中にスクリーンを設営し座布団を敷きできた即席の映画館はアットホームな特別な空間になった。図らずも震災から1ヵ月後の大分での開催になったことに対して齊藤は「先月熊本・大分で起こった地震を受け一時は中止も検討しました。しかし、地元大分県大野豊後市の方々と密にコミュニケーションをとっていくうちに、大分は今風評被害で観光客が激減しているので盛り上げるためにぜひやってほしいということを聞き実施を決めました。」と語りました。

cinéma bird

境内には豊後大野市の名産を紹介するブースも設置されとても協力的な様子に齊藤は「自分たちが東京からイベントを持ってきたという認識でいましたが、実際はこうやって豊後大野市の人たちと一緒に作り上げている。その場所に合わせた形にしていくということが僕たちのスタイルです」と語りました。15日の2部には橋本祐輔大野豊後市長が登壇し齊藤工さんとともに挨拶。まさに市を挙げてのイベントとなりました。

上映された映画は齊藤がスタッフと相談しながら決めた3本。フェスティバルのようなイベントにしたいという希望から鉄拳の「家族のはなし」、「振り子」などの映像上映や音楽ライブ・お笑いライブもある盛りだくさんな内容となりました。14日には今大人気のお笑い芸人・永野さんが登場! 永野さんは「ラッセン」などの大人気のネタを披露すると会場からは大歓声が上がりました!

cinéma bird

齊藤工さんも出演する映像作品「手から光を出す魚屋さん」も初お披露目。シュールな内容に会場からは笑いが漏れた、その後はMOGMOSと古賀小由実によるミニライブ。MOGMOSは「カントリーロード」、「東京の空」、古賀は「なのはな」「うちの妻が入院することになりました」などの代表曲を披露。2人でコラボした「エレクトリック渡り鳥」(2人)なども披露し息の合ったパフォーマンスで会場を沸かせました。

1本目の映画は齊藤自身がナレーターを務めた『小さな世界はワンダーランド』を小学生向けに上映。リスやネズミが大画面をかけまわす様子に歓声があがりました。2本目は九州・長崎で撮影された青春映画『くちびるに歌を』。美しい風景とアンジェラ・アキの「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」をモチーフにしたストーリーに号泣する人が続出。3本目はフランス映画『エール!』。聴覚障害を持つ家族たちの中で生まれ育った健常者のポーラが歌手を目指す物語にこちらも多くの人が涙しました。15日の3部にはサッカー日本代表林彰洋さんも駆けつけお客さんと盛り上がりました。

上映後は齊藤さんの友人が作ったお揃いのTシャツを着た出演者たちがcinéma birdのロゴ入り記念ステッカーを配り握手に大盛況のうちに幕を閉じました。

3部のお見送り時にはお寺の配慮で竹の灯篭を境内に設置して幻想的な雰囲気になりました。お客さんたちの反応に齊藤は「もともと映画・お笑い・音楽が楽しめるフェスのようなイベントにしたいと思っていたが、同じ空間を共有共感する中で境界線を越えたと思う瞬間があった。みんながこのお寺の前を通りかかったときに何かを思い出すようなイベントになってほしい」と手ごたえを語りました。

cinéma bird

●cinéma bird in OITA 別府ブルーバード 湯布院小学校 特別イベント
今回「鳥のように自由に映画を届ける」というcinéma birdのコンセプトのもと震災後の風評被害に大分に元気を届けるべく、明尊寺のイベント以外にも別府ブルーバード劇場と湯布院小学校を訪問。

別府市で震災の直後から通常営業を続ける老舗映画館では昨日から斎藤工さんも出演している『無伴奏』が上映中。その上映に合わせて齊藤工さん、矢崎仁司監督、地元立命館アジア太平洋大学の学生で別府のPR映画『雲の街』をプロデュースした高橋あけ乃さんによるトークショーを行いました。

映画好きの齊藤さんにとっては昭和24年創業の別府ブルーバードシネマは憧れの場所。そんな劇場で自身の出演した映画が上映されたことに関しては「この映画と劇場のマッチングは東京ではできないこと」と感慨深げ。「震災後も上映を続けているブルーバード劇場の動きもずっと見ていて、精神的に連動していると感じていた。しかも、ブルーバードとシネマバードで名前も似ていますよね。」と語りました。

大分で開催中のcinéma birdについて聞かれると「大分にはおもてなしの精神が根付いているのかケータリングの食事などが素晴らしく、こんなにしてもらっていいのか?と感じています。人ってこんな距離感で接することができるんだ」と地元のひとたちの人柄をたたえていました。

矢崎監督からは「cinéma birdはすばらしい企画。協力できたらいいと思っていたので今回のこのような形で実現できてうれしい。映画館で映画を見る体験をしてほしいというのはとても素晴らしい。映画館で映画を見ることはスクリーンが鏡になって自分自身のことを感じる時間になると思う」と監督らしい詩的な言葉でcinéma birdを応援してくださいました。

cinéma bird

・湯布院小学校 トークショー
ブルーバード劇場の次は大分の中でも震災の被害が大きかった湯布院で湯布院小学校を慰問。一時は2500人の人が避難所として利用していたが明日で避難所は閉鎖され、次のステップに進んでいきたいという小学校の体育館にはたくさんの人たちが集まり齊藤工さんと質疑応答を交えながらトークショーを行いました。

集まった子供たちは齊藤さんに向かって「大好き♡」と告白したり、トレンディーエンジェルの斎藤司さんの「斎藤さんだぞ」のモノマネをリクエストしたり、ドラマの決め台詞をお願いしたり、元気いっぱい!! 齊藤自身もそれにユーモアを交えながら対応していました。

「イケメンになる方法は?」と聞かれると「恋をすること」と答えるなど年頃の男の子たち特有の悩みにも真剣に話をしていました。ミジンコの研究にはまっているという中学生には自ら近づいていき将来の夢を聞くなど最後までトークショーは大盛り上がり!

イベントの最後には「外から見てもわからない心の傷や苦しみをみなさん抱えていると思います。お子さんはとくに恐怖を感じていますよね。僕たちの仕事はそれがなくても生きていける仕事です。でも、薬になる可能性もある仕事だと思います。僕は僕なりに見えない薬を届けられるようにがんばろうと思いました。今日のみなさんの元気な姿を見てなにかを届けるなんておこがましい、むしろみなさんと何かを一緒にできるようになりたいと思いました。今日会えたという点を線にしていきたいです。言葉だけでなく行動で示せるように必ずします。今日のことは忘れません」と力強く語り、集まった人たち集合写真を撮りました。

cinéma bird Facebookページ:https://www.facebook.com/cinemabird

●次の記事もオススメ ——————
齊藤工さんが劇場のない地域に映画体験をお届け「cinéma bird」

→『cinéma bird』の記事を探す