MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ガルム・ウォーズ』主人公カラを演じるメラニー・サンピエールとは

新人女優が押井守最新作『ガルム・ウォーズ』の主人公に大抜擢!!
圧倒的存在感のあるメラニー・サンピエールの素顔とは……?

ガルム・ウォーズ

押井守、監督デビューから30余年。彼が構想15年をかけて異国の地・カナダで全身全霊を捧げて撮影した『ガルム・ウォーズ』。言葉も通じぬ異国の地で、日本人は監督含めスタッフ7人。外国人俳優を起用して撮影に挑み、アニメーションと実写の境界線を越えた新しい映像を作り上げました。

本作で主人公のカラ役を演じたのは新人メラニー・サンピエールです。この役の候補は数名いて、モントリオールでのオーディションを経て彼女に決まりました。実は、書類選考のタイミングで最も可能性が低いとされていたのが彼女だったのです。

彼女はオーディションに、黒髪のおかっぱでやってきました。押井監督のアニメが大好きで、半ばコスプレのように「素子(『攻殻機動隊』シリーズの主人公)」になりきってオーディションに臨んできたのです。

もちろん、その小細工が功を奏したわけではなく、実際に目の前でポージングをしてもらい、カメラのレンズを通したときの被写体としての存在感が際立っていたので、最終的にカラ役をオファーすることになりました。キャリアから考えると大抜擢です!

ガルム・ウォーズ

彼女が演じるどこか不安げで揺らぎのある女戦士・カラ。これまで圧倒的に強い女性像を好んで描いてきた押井監督の作品では異色のキャラクターであるといえます。が、もしカラが超人的に強いキャラクター像だったら成り立たなかったであろうシーンが、映画の終盤に散見されますので注目ください!!

『ガルム・ウォーズ』
5月20日(金)全国ロードショー

(C)I.G Films

●次の記事もオススメ ——————
押井守監督最新作『ガルム・ウォーズ』の世界が伝わる場面写真公開!

『ガルム・ウォーズ』の原点、20年前に製作されたアニメ映像発掘される

→『ガルム・ウォーズ』の記事を探す