MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

明日放送開始『機動戦士ガンダムユニコーン』データ連動プレゼント発表

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) RE:0096新オープニング&エンディング、TVシリーズ用に再編集した『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』が明日より放送開始!

オープニングではカトキハジメ氏が新たにデザインしたマーキングの「ユニコーンガンダム」が登場!

連動データ放送、豪華プレゼント詳細発表!
キャスト&スタッフのコメント到着!

●豪華賞品が盛りだくさん! 連動データ放送&豪華プレゼントの全容公開!
番組放送中に「dボタン」を押すと、『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』の詳しい番組情報に加え、「宇宙世紀」が舞台 となっているガンダムシリーズ関連作品の紹介「ガンダムヒストリー」などのコンテンツを見ることができます。

データ放送と連動した プレゼント企画では、リアルタイムで放送を観た視聴者の中から抽選で毎週3名に『機動戦士ガンダムユニコーン』のグッズを 詰め合わせた「ラプラスの箱」が贈られるほか、スペシャルプレゼントとして「HGUC ガンダムユニコーンシリーズ45種セット」が1名にプレゼントされます。

・豪華プレゼント1 番組特製「ラプラスの箱」プレゼント
1:連動データ放送・トップ画面 日曜朝にリアルタイムで、番組を5分以上見ると、ユニコーンガンダムがデストロイモードに変身し、ラプラスチャレンジ(カード揃え ゲーム)に挑戦できます。ゲームは、番組放送中に数回挑戦が可能です。

2:ラプラスチャレンジ画面
「カードをめくる」で3枚カードがそろうと、「今日のキーワード」が出現。番組ホームページから、「今日のキーワード」を応募すると、毎週抽選で3名に、番組特製「ラプラスの箱」(ガンダムUCグッズ詰合せ)がプレゼントされます。
※応募締切は、番組放送日の10:00まで。当選者の発表はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。

・豪華プレゼント2 スペシャルプレゼント
1:連動データ放送・トップ画面
日曜朝にリアルタイムで、番組を1回見ると、キャラクター「ハロ」が1つずつ先に進みます。番組を7回見ると「ハロ」がゴールに到着し、 「スペシャルキーワー ド」が出現。番組ホームページから、「スペシャルキーワード」を応募すると、抽選で1名に、ガンプラ「HGUC ユニコーンシリーズ45種」がプレゼントされます。
※応募締切は、番組最終回・放送日の10:00まで。当選者の発表はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。

プレゼントの詳しい応募方法・内容は、メ~テレ番組サイトをご確認ください

●キャスト&スタッフコメント
・ストーリー:福井晴敏
この春、ガンダムユニコーンがテレビアニメになって帰ってきます。しかもファーストガンダムと同じ、「名古屋テレビ」の系列で(メ~テレのことね、もちろん)。

放映時間は毎週日曜午前7時と早めの時間帯ですが、これは時代の趨勢でしょう。深夜ではなく、お子様もご覧になれる時間に放映できることが、UCにとってはとても重要なのです。UCは「大人のためのガンダム」でしょ? なんで今さら子供に見せたいの……って言うか、子供受けする要素あると思ってんの?と、すかさず疑問を持たれたあなた、あなたはまったくもって正しい。昨今のマーケティング観点に従うなら、UCの今回の放送の仕方は無茶もいいとこという一方の見方はあります。が、当初はファーストガンダム世代、すなわち大人層に向けて発信されたUCが、エピソードを重ねるごとに中高生からなる若年層を取り込んでいった事実。

加えて、そもそもファーストガンダム自体がハイティーン向けに作られていたにもかかわらず、筆者を含む当時の小学生がガンプラ・ブームから始まる社会現象を底支えしていった経緯を振り返る時、この無茶にこそ閉塞感を突破するなにかが宿るのではないか……と、我々は半ば本気で信じてもいるのです。

十年前に企画が立ち上がった時には、想像もし得なかったテレビアニメ化――その先にあるものは、やはり十年前の我々には想像し得なかったなにかであるかもしれない……というところで、まずはガンダムらしいテレビフォーマットに置き直されたUCをご家族と、ご友人たちと共有していただければと思います。いまだそこに在る可能性の獣とともに。

・監督:古橋一浩
地上波放送によせて御挨拶を少々。OVA版の作業が終了したのが二〇一四年四月十日の朝でした。それから約二年、TV版として再編集とOP、EDの構成を手掛けることとなりました。感慨深いです。七年前に聞いたお話では、この作品は大人向けで一時間のドラマ枠でのTV放送に対応した企画だと記憶しているからです。

企画的にやや歪になる所はオリジナルを尊重したためとご理解を頂ければ幸いです。イベント上映、パッケージ視聴、TV視聴はその内容は同一でも体感度に大きな違いが出てくるのではないでしょうか。

日曜朝七時、今、日本中で同時にこの画面を見ている人が居るという現実を想うこと。その距離を伴った一体感。これは初見の人よりも既知の人の方が味わい易い感覚だと思うのです。

パッケージ、配信をご購入頂いた方、レンタルされた方も日曜朝は是非、TVのチャンネルを合わせて『ガンダムユニコーン』の視聴ネットワークを頭の中で体感してみてくださいませ。

・バナージ・リンクス役:内山昂輝
知り合いからのメールで『ガンダムUC』のテレビ放送について知って、びっくりしました。ぼくにとって『ガンダムUC』は十代後半から二十代にかけての自分が刻まれた、大切な作品です。反響の大きさも桁違いで、作品が完結して時間が経った今でも、本当にたくさんの他作品のスタッフの方々から「ユニコーンのファンです!」と言われます。

また、長い間一緒にお仕事することができたキャスト、スタッフの方々はとても素晴らしいチームでした。いくつかの海外のイベントに監督やプロデューサーと参加できたことも最高の思い出です。

今回テレビ放送されることで、作品発表当時に『ガンダムUC』に触れていなかった方々にも本作が届けばいいなと思います。ガンダム世界に詳しい方はもちろん、そうでない方にも響く作品だと思っていますので、ぜひこれを機会に観ていただきたいです。

・フル・フロンタル役:池田秀一
あの「ユニコーン」が『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』としてTVシリーズ用に再編集され放送される事となり、大変嬉しく思います。

先日冒頭のナレーションと次回予告の新たな収録があり、久し振りに再会を果たし改めてフル・フロンタルとの出会いに感謝しています。数多あるガンダム作品の中でもこの「ユニコーン」は特異な存在感を示す作品です。熱いスタッフとキャストと一緒に制作に携わった充実した数年間は、僕にとって貴重な刻となりました。

日曜朝7時という早い時間帯ですが、もうすでに劇場等でご覧になった方も、又初めて観る人にもテレビという媒体を通して皆さんの心にどう響くのか期待する次第です。
君の中のニュータイプが目を覚ます!!

・リディ・マーセナス役:浪川大輔
テレビ放送の決定を聞いてよし!という喜びが湧き上がりました。ガンダムUC、このような作品こそ沢山の人に見てもらいたいからです。

難しい単語やキャラクターの関係性などはじめは少し戸惑うこともあるかも知れません。しかし、その裏付けは劇場への動員数やDVD&Blu-rayの数字が物語っていると思います。
ガンダムシリーズも様々なものがあります。子どもの時から大人になっても楽しめるもの。そこは変わらないものであるべきで、今回ガンダムUCは子どものゴールデンタイムへ殴りこみです。

キャストスタッフが今持てる全ての力を注いだ今作品。個人的にもクライマックスのアフレコはハチミツをバナージ内山くんと1日中舐めまくりました。見て頂ければそして見続けて頂ければ必ず何か心に残るものがあります!
4月から是非ともよろしくお願い致します! リディもね。

●TVオープニングでは新マーキングの「ユニコーンガンダム」が登場!
TVのオープニングでは、カトキハジメ氏が新たにデザインしたマーキングの「ユニコーンガンダム」が登場。さらに、この新デザインのマーキングシールが付属するHGUCガンプラが、6月に発売されることが決定しました。

新オープニングに登場する新しいマーキングデザインの「ユニコーンガンダム」が見られる新PVを公式サイトにて配信中!

公式ホームページ:http://www.gundam-unicorn.net/

(C)創通・サンライズ

●次の記事もオススメ ——————
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III』エンディングは柴咲コウが担当

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』第4話、4月22日正午有料配信開始!

セイラさんに名指しでなじられるキャンペーン中!イベントも開催!

→『ガンダム』の記事を探す