MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『暗殺教室~卒業編~』土日で6億3900万円!2016年OP興収No.1ヒット!

コミックス累計発行部数2100万部を超え、少年漫画誌「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)の3月19日発売号をもって最終話を迎えた超人気漫画『暗殺教室』。2015年3月に実写映画化され、興行収入27億円を超える大ヒットを記録し、“暗殺教室旋風”を巻き起こしました。そしてパワーアップして帰ってきた完結編『暗殺教室~卒業編~』がついに、3月25日(金)に全国319スクリーンで公開となりました!

暗殺教室~卒業編~

初日を迎え、公開初週の土日2日間では観客動員数544,641人、興行収入639,193,900円(3月26日~27日 興行通信社調べ)と驚異的な成績を記録!!

2016年に公開された邦洋全ての映画作品の中で、オープニング興行成績(土日2日間)の第1位を獲得(※興行通信社調べ)、大ヒットを記録した前作を超える、超大ヒットを記録しています!(初日を含む公開3日間では観客動員数は750,353人、860,730,100円を記録)

初日アンケート結果によると、客層の男女比は圧倒的に女性が占め、中でも16歳~19歳のハイティーンに最も多く見られており、次いで13歳~15歳のローティーン、そして20代と前作と同様に若年層から最も高い支持を得ています。さらに今回は12歳以下の鑑賞者が前作よりも増加。客層の幅が広がっています。

作品に関する感想も高評価を得ており、ぴあ映画初日満足度調査(3月26日ぴあ調べ)でも92.7点で第1位を獲得! 殺せんせーの過去・3年E組の結末など涙なしでは観ることができない感動のストーリーが反響を呼び、本作を鑑賞した原作者・松井優征が「この映画を見て三回泣きました」と自ら語るように、その完成度の高さにも熱い支持が集まっています。

作品のメインテーマである“卒業”を終え、春休みに突入した学生たちが本格的に劇場に駆け付け、平日も順調な興収が見込めることから前作超えの興収40億円を狙える超大ヒットスタートとなった本作。

SNSを中心に「もう一度見たい!」という声も多く、前作を凌駕する“暗殺教室旋風”が期待されます。

『暗殺教室~卒業編~』
全国東宝系にて、大ヒット上映中!

(C)2016 フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT
(C)松井優征/集英社

●次の記事もオススメ ——————
ぐんまちゃんが殺せんせーを探しにオープンセットを突撃訪問!

殺せんせーがマッハのスピードでぐんまちゃんを表敬訪問!

『暗殺教室~卒業編~』豪華キャスト13名が並ぶポスター&スタンディ!

→『暗殺教室』の記事を探す