MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『スター・トレック Beyond』10月公開決定。邦題決定&新場面写到着!

東和ピクチャーズより配給となる映画『スター・トレック ビヨンド』(STAR TREK BEYOND[原題])の邦題が『スター・トレック Beyond』に決定し、日本公開は10月に決定しました!

併せて、今作でも活躍が期待される、ザカリー・クイント演じるスポック、ゾーイ・サルダナ演じるウフーラ、カール・アーバン演じるボーンズらお馴染みメンバーの新場面写真が到着しました!

スター・トレック Beyond

全世界で8億5,300万ドルを稼ぎ出し、誰もが知る人気コンテンツを、壮大なスペクタクルとドラマティックなストーリーによって全く新しいSFアクション超大作シリーズへと塗り替えたJ.J.エイブラムスが贈る最新作『スター・トレック Beyond』。今回監督を務めるのは、常識を覆すアクションで全世界を熱狂させた『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン。『スター・ウォーズ』、『ワイルド・スピード』2大トップフィルムメーカーの最強コラボレーションが実現!

脚本は前作に引き続き、スコッティ役として本作にも登場するサイモン・ペッグと共にダグ・ユングが務める。クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、カール・アーバン、アントン・イェルチンらお馴染みのメンバーも続投!

スター・トレック Beyond

さらに、新キャストとして『007』の次期ジェームズ・ボンドとして呼び声も高いイドリス・エルバ、『キングスマン』で義足の殺し屋ガゼルを演じ、華麗なアクションで魅了したソフィア・ブテラ、『ワイルド・スピード EURO MISSION』ですでにジャスティン・リン監督とタッグを組み、その卓越したアクションが話題のジョー・タスリムが出演!

本作では、エンタープライズ号のクルーが宇宙の最果にある未知の領域を探索し、そこで彼らや惑星連邦の存在意義の真価を問う新たな謎の敵と遭遇する。いまだかつてないスピード感あふれる映像と、リアルな超絶アクションで観る者の度肝を抜きます!

スター・トレック Beyond

『スター・トレック』50周年という記念すべき年である本年に公開される、全世界待望の最新作がそのベールを脱ぎ始める。

●スタッフ・キャスト
製作:J.J.エイブラムス
監督:ジャスティン・リン
脚本:サイモン・ペッグ(共同脚本)
出演:クリス・パイン(カーク)、ザカリー・クイント(スポック)、ゾーイ・サルダナ(ウフーラ)、サイモン・ペッグ(スコッティ)、カール・アーバン(ボーンズ)、アントン・イェルチン(チェコフ)、ジョン・チョー(スールー)、イドリス・エルバ、ソフィア・ブテラ、ジョー・タスリム
全米公開:2016年7月22日

『スター・トレック ビヨンド』
10月全国公開!

(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

●次の記事もオススメ ——————
『スター・トレック ビヨンド』2016年夏公開決定!オリジナル予告到着

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』興収洋画ランキングNo.1発進

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』公開前夜祭開催!

→『スター・トレック』の記事を探す