MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ウルトラホーク1号のギミックに目を輝かせなかった男の子は知らない

ウルトラシリーズの主役はもちろんウルトラマンですが、それをサポートした防衛隊のメカももう一つの主役だと思っています。科学特捜隊のビートル、ウルトラ警備隊のウルトラホークなど、近未来を予感させるデザインにワクワクした子供は多かったでしょう。

中でもこのウルトラホーク1号は、α・β・γの3機に分離・合体するギミックが秀逸でしたね。

ウルトラホーク1号

この写真のウルトラホーク1号はART STORMさんから1月に発売された、全長70cmという巨大モデル。もちろん分離・合体が可能です。大きいだけでなく、エッジの利いたシャープなフォルムも見事。操縦席にはちゃんと人が乗っています。

21世紀になったら、こういうデザインの飛行機が飛んでるんだろうなぁなどと思っていましたが、なかなかそこまではいきませんね。でもラプターなどのデザインを見ていると、ウルトラホーク1号の形の戦闘機が飛んでもおかしくないなぁという気はしています。航空力学的にどうかはわかりませんが。

2016年2月 ワンダーフェスティバル2016[冬]にて撮影。

ART STORM:http://artstorm.co.jp/

(C)円谷プロ

※写真は撮影時のものであり、変更されている場合があります。

●次の記事もオススメ ——————
放送50周年 新ウルトラマン登場!その名は「ウルトラマンミルキー」

ウルトラの母からバレンタインチョコのプレゼント♡ 数量限定!

優しい目をしたツインテール、ちょっと鈍いけど、水中では素早いんです

→『ウルトラマン』の記事を探す

→映画・アニメ・特撮写真館に戻る