MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

兵器としてのロボット、二足歩行のメリットはあるのか?

お台場ガンダムを最初に見たときに驚いたのは、足の接地面が意外に小さいことです。いくら軽い素材で作られているとはいえ、高さを考えると2点の接地だけで支えられるのか?という疑問があったので、この足の大きさで立っていることに驚きました。

日本は地震もあれば、台風のような強風が吹くこともあり、巨大ロボットがそういった環境の中でも2本足で立っていることはすごいことです。

機動戦士ガンダム

そもそも論として、兵器として考えたとき、二足歩行にするメリットはあまりないと思います。移動もたいへんですし、姿勢制御を司るシステムが必要になるし、そんなシステム負荷をかけるなら攻撃などに計算を回したほうがいいでしょうし……。

唯一考えられるメリットは格闘戦くらいでしょうか。それでも人間と同じ形態である必要はないわけですが……。とはいえ、巨大ロボットはロマンの固まりではあります。実物大ガンダムを歩かせるプロジェクトも進んでいるようですが、街中をロボットが歩く、そういう時代が来る日はあるんでしょうかね。

2015年11月、ダイバーシティ東京にて撮影。

ダイバーシティ東京:http://www.divercity-tokyo.com/

(C)創通・サンライズ

※写真は撮影時のものであり、変更されている場合があります。

●次の記事もオススメ ——————
お台場ガンダムのギミック。少しの動きだったけど感動的だった

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』第1話限定試写イベントレポート到着

シリーズ最新作『機動戦士ガンダムサンダーボルト』12月25日よりEST配信

→『ガンダム』の記事を探す

→映画・アニメ・特撮写真館に戻る