MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『アクティヴレイド』見どころは次回予告!? 正座せずに見られる作品

12月25日、渋谷ヒューマントラストシネマにて1月から放送されるTVアニメ『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』第1話先行上映会が開催されました。

今回の先行上映会では黒騎猛役の島﨑信長、八条司稀役の村田太志、総監督の谷口悟朗、シリーズ構成の荒川稔久がゲストとして登場し、作品の見どころを語りました。

アクティヴレイド -機動強襲室第八係-

まずは作品の説明から。本作は2035年の近未来に、高出力・強化装甲の<ウィルウェア>を用いた犯罪が増加、それらに対処するべく新設された警察庁内の組織<ダイハチ>の活躍を描く、痛快ポリスアクションとなっています。

谷口総監督は「以前やったのが高尚というか大変な作品だったので、今回は正座せずに見られる作品を作りました。“気楽に見てもらうにはどうすればいいか”考えながら作っています」と本作の魅力を語りました。

<ダイハチ>のメンバーである黒騎猛を演じる島﨑信長は、自身の役について「破天荒で大雑把だけど、根っこの部分に知性がある人」と説明。村田は「粗暴なイメージだったけど、信長さんが演じるとスマートな中に力強さのあるキャラクターになった」と語り、これを受けて谷口も「それがキャスティング理由です。根っこにある知性を感じる声質で選びました」と裏話を披露。

一方村田太志が演じる八条司稀は、<ダイハチ>の室長の妹・山吹凛が通う光貴教育学園の生徒会長。「今までは粗暴な役を演じることが多かったんですが、今回ご覧の通りの頭もよく顔もよく生徒会長というシュッとしたキャラクターに初チャレンジします」と意気込みを語りまし。

アフレコに際しては「常に、無駄に素敵な笑顔を浮かべるように」とディレクションが入ったと語り、島﨑が「“なんか持ってる”感が滲みだしてないですか?」と茶化すと、「何かあるように深みを出すのは役者にとって必要な部分ですよ!」と返した。谷口監督が「<ダイハチ>を中心に他のドラマも絡んでいきます」という通り、彼が<ダイハチ>とどう絡んでいくのかも見どころのひとつです。

シリーズ構成の荒川稔久は、「谷口総監督と組むのは初めて。過去の作品の印象があるので痛快にやっていいと信じられるようになるまで2ヵ月くらいかかった」と語りました。谷口総監督は荒川に対して「荒川さんはいい意味で真面目になりすぎないようにしてくれる。自分はどうしても設定を組んじゃってお話が固くなるので、柔らかくしてもらったり、想定外の小ネタをぶっこんできたり」他にも「宴会シーンが多い」という証言が飛び出たりと、気楽に楽しめるお話というところは徹底しているようです。

そしてお話の主軸となる<ウィルウェア>について、島﨑は「あくまで変身ヒーローではなく、警察機構のなかの装備として、装着するのも時間がかかるし、出撃するのにも許可が要る」と語ります。ここで島崎が着るウィルウェア<ストライクインターセプター>のアクタースーツが登場!

島﨑は「思った以上に肉厚でデカくなる。これがすごいスピードで迫ってきたら立ち向かおうと思えないですよね」谷口は「図面では見てきたけど、改めて見ると予想以上に重厚感がある」と感想を述べました。

最後はゲスト全員で挨拶。谷口総監督は「大真面目に正座して見るような作りはしていません。TVアニメの持つ軽さや気持ちよさを突き詰めています。個人的には次回予告が見どころです。ともかく楽しんでください」とアピールしました。

公式ホームページ:http://activeraid.net/

(C)創通・フィールズ・フライングドッグ/ACTIVERAID PARTNERS

●次の記事もオススメ ——————
1月アニメ新番組『アクティヴレイド』公式アプリ制作決定!

1月アニメ新番組『アクティヴレイド』追加キャスト、OP・EDテーマ決定

1月アニメ新番組『アクティヴレイド』キャストに島﨑信長、櫻井孝宏

→『アクティヴレイド』の記事を探す

→2016年1月アニメ新番組特設ページ