MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『クオリディア・コード』TVアニメ化、ジャンプフェスタ2016で発表!

クオリディア・コードさがら総×橘 公司×渡 航
3人の作家がタッグを組みアニメオリジナルのストーリーを手がけるシェア・ワールド。
“Project QUALIDEA”始動――!

東京・神奈川・千葉――
ここが、<世界>を壊す、最前線。
『クオリディア・コード』TVアニメ化!

12月19日・20日、幕張メッセで開催の「ジャンプフェスタ2016」にて『クオリディア・コード』のテレビアニメ企画が発表されました。さがら総×橘公司×渡航という実績ある3人の作家がタッグを組み、アニメオリジナルのストーリーを手がけるシェア・ワールド。キービジュアル第1弾、PV第1弾も公開されました。

さらに、2016年ジャンプSQ.にてテレビアニメ『クオリディア・コード』のコミカライズ連載も決定。3月のAnimeJapan2016ではステージイベントも決定しました。

クオリディア・コード

●アニメの全話脚本を人気ラノベ作家によるユニットSpeakeasyが手がける!
さがら総:『変態王子と笑わない猫。』著者(MF文庫Jより、シリーズ累計200万部)
橘 公司:『デート・ア・ライブ』著者(富士見ファンタジア文庫より、シリーズ累計400万部)
渡 航:『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』著者(ガガガ文庫より、シリーズ累計500万部)

クオリディア・コード

●出版社レーベルの枠を超えた新しいメディアミックスプロジェクト!
ダッシュエックス文庫:プロジェクト作品第1弾『クズと金貨のクオリディア』さがら総・渡航(Speakeasy)発売中
富士見ファンタジア文庫:プロジェクト作品第2弾『いつか世界を救うために-クオリディア・コード-』第1巻橘公司(Speakeasy)発売中
F文庫J:プロジェクト作品第3弾『そんな世界は壊してしまえ‐クオリディア・コード‐』第1巻さがら総(Speakeasy)発売中
ガガガ文庫:渡航(Speakeasy)によるプロジェクト作品第4弾近日発売予定
ジャンプSQ.:『クオリディア・コード』のコミカライズ連載決定

クオリディア・コード

●『クオリディア・コード』
人類の敵――〈アンノウン〉と戦争を続ける世界。
数十年前の〈アンノウン〉侵攻時、コールドスリープ施設に避難させられていた子供たちは、その眠りから目覚めたとき、己の身に超自然的な力――〈世界〉が発現していることを知る。

クオリディア・コード

東京湾ゲートから現れる〈アンノウン〉から国を護るため、少年少女たちは東京・神奈川・千葉の各防衛都市で戦いを繰り広げるのだった。

東京をさがら総、神奈川を橘公司、千葉を渡航が担当し、“QUALIDEA”を作り上げる。

クオリディア・コード

●キャラクター紹介
朱雀壱弥・東京都市首席:クールでプライドが高く、無能を見下している。こっそりヒーローにあこがれている節も。千種霞のことが嫌い。固有世界はガントレットによる重力操作。

クオリディア・コード

宇多良カナリア・東京都市次席:自称・朱雀の世話焼き役。押され弱く、なんでもかんでも頑張ってしまいがち。「困ったときは笑顔」が口癖。固有世界は歌唱による能力活性化。

クオリディア・コード

天河舞姫・神奈川都市首席:通称ヒメ。長年に渡って都市の頂点に君臨する最強お姫様。理想主義者で一本気。直情的な行動が目立つ。一撃のもとに全てを屠る『大剣』巨砲主義。常識外れの超腕力を誇る。

クオリディア・コード

凛堂ほたる・神奈川都市次席:冷静且つ沈着。が、ヒメにだけは甘い。並外れた観察眼を持ち、敵の動きを読むことを得手とする。ヒメを観察するのはもっと得意。武器は刀。固有世界は視線を介した接触。

クオリディア・コード

千種明日葉・千葉都市首席:霞の妹。普段はけだるげな今時娘だが、ひとたび銃を握ればトリガーハッピーに。常にひそかなおしゃれを忘れない。武器は二挺拳銃。固有世界は物質の運動制御。

クオリディア・コード

千種霞・千葉都市次席:皮肉屋で現実主義者。露悪的な振る舞いが目立ち、理解者は妹の明日葉のみ。武器はスナイパーライフル。固有世界はエコロケーション等を駆使したサーチ能力。

クオリディア・コード

●スタッフ
原作:Speakeasy(さがら総×橘 公司×渡 航)/マーベラス
監督:かわむらけんいち
脚本:Speakeasy(さがら総×橘 公司×渡 航)
キャラクター原案:松 竜
キャラクターデザイン:田畑壽之
音楽:岩崎 琢
制作:A-1 Pictures
製作:クオリディア・コード製作委員会

公式サイト:http://qualidea.jp/
公式ツイッターアカウント:@QUALIDEACODE

(C)Speakeasy・マーベラス/クオリディア製作委員会

→『クオリディア・コード』の記事を探す