MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

綾瀬はるか主演、恋人役は斎藤工!森本梢子原作『高台家の人々』映画化

妄想癖のある地味で冴えないOLと人の心が読める名家のイケメンエリートが繰り広げる摩訶不思議・爆笑必至の“テレパス”ラブコメディ

「ごくせん」「デカワンコ」の森本梢子による人気コミックス『高台家の人々』待望の実写映画化!
綾瀬はるか主演、恋人役には斎藤工!

高台家の人々

「ごくせん」、「デカワンコ」など数々のヒット作・映像化作品を誇る森本梢子による
「高台家の人々」(集英社「月刊YOU」連載)が遂に実写映画化されることが決定しました!

主人公の、平凡で口下手で内気なOLながらも、頭の中ではめくるめく妄想をことあるごとに繰り広げる平野木絵を演じるのは、ドラマ「きょうは会社休みます。」や、映画『海街diary』、『ギャラクシー街道』と話題作への出演が絶えない、日本を代表する女優・綾瀬はるか。そんな木絵の妄想を読み取るテレパシー能力を持った、名家・高台家の長男であり、木絵の恋人となる高台光正役には、数多くのドラマ、映画に出演し、ドラマ「昼顔~平日午前3時の恋人たち~」での演技が改めて注目され、また自身も監督として映画を手掛けるなど活躍の幅を広げる実力派俳優・斎藤工。

そのほか華々しい高台一家の面々にも豪華キャストが揃いました。光正と同じくテレパシー能力を持つ妹・茂子には映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』他数々のドラマ、映画での活躍が目覚ましい水原希子、光正の弟・和正には若手俳優注目株である間宮祥太朗。テレパシー能力を持つことで生じる悩み、そしてテレパシー能力があるからこその兄弟間の会話劇等の演技に注目です。

さらに、光正、茂子、和正の母親であり、心を読む必要がないほどの歯に衣着せぬ物言いをする素直さと、芯の強さを持ち合わせる由布子役には大地真央。日本人の父・茂正、イギリス人の母・アンの間に生まれた一人息子であり、テレパシー能力は受け継がず、むしろ人一倍鈍感で、空気が読めない性格でありながら、天真爛漫でチャーミングが故に、憎めないキャラクターである父親の茂正Jr.(通称マサオ)役には、市村正親という超豪華キャスト陣が勢ぞろいしました!

高台家の人々

メガホンをとるのは、フジテレビの「世にも奇妙な物語」シリーズをはじめとし、「ショムニ」シリーズ、「謎解きはディナーのあとで」(2011年)、「ゴーストライター」(2015年)等、幅広いジャンルのテレビドラマを手掛け、中でも映画化した『謎解きはディナーのあとで』(2011年)では32.5億円という大ヒットを記録した土方政人監督。

脚本を手掛けるのはドラマ「ナースのお仕事」シリーズ、映画『電車男』(2005年)、「陰日向に咲く」(2008年)、「ヘルタースケルター」(2012年)など数々のヒット作を生み出した金子ありさに決定。

妄想癖のある天然平凡OLと、テレパシー能力を持つイケメンエリートの恋。
奇想天外な妄想に爆笑必至。思い悩んで壁を越えていく二人の姿に感涙。
2016年初夏、一風変わった傑作ラブコメディの誕生にご期待ください!

・土方政人コメント(監督)
綾瀬さんは、今回の役柄の「木絵」にぴったりだと思います。
木絵のような雰囲気を持っていますし、彼女のコメディエンヌの一面が演技に出ていて良いですね。
そして斎藤さんもまた、ちょっとミステリアスなところがあるので、光正像として魅力的です。

木絵の妄想シーンは、綾瀬さん、斎藤さんをはじめとして皆さんの演技が素晴らしいので楽しみにしてもらえたらと。
そして、光正がテレパシー能力で木絵の妄想をどう見てるのか。
その光正のリアクションを面白く描いていきたいです。
希子ちゃんと間宮くんは、今回初めてお仕事をするので撮影が楽しみですし、市村さんと大地さんの夫婦は絶対に面白くなると思います。

・森本梢子コメント(原作)
きゃ──────────!!
と、叫んでしまいましたよ。
綾瀬はるかさんと斎藤工さん!! 素敵!!
大、大好きな、お二人です。

「でも、見た目平凡で目立たない木絵がそんなに綺麗で良いのか!?
でも、でも、綾瀬さんのにじみ出る人柄の良さや、ちょっと、ぽ──っとした(あ、ごめんなさい)感じはぴったりなのか!!」
などと、一人で興奮しています。

めちゃくちゃかわいい木絵とよだれが出そうな(あ、ごめんなさい)魅力的でカッコイイ光正さん!
そして麗しい三兄姉弟と、ゴージャスなご両親!!
そして、そして、妄想はいったい…!?
あ──早く観たいです!!

・綾瀬はるかコメント
よく妄想するところは木絵ちゃんと似てます。友だちに妄想話をすると気持ち悪がられます!
ヘンテコな妄想と特殊な能力を持った男女が織り成すコミカルなラブストーリーをお届けできたらと思ってます。

・斎藤 工コメント
光正さんは全てが私とは程遠いスマートなキャラクターですが、光正の持つ闇の部分等、内側から繋がって行こうと思います。
また、本作の肝であるテレパスはSNS主体の現代に何処か当てはまると思いました。
皆が本音をとり繕い 感情を整え真実が見付け辛い時代だからこそこの作品に必然性を感じます。

色々なご意見があると思いますが、このチームで実写化をやらせてもらう以上我々も原作を尊重しながら胸を張って皆さんにお届けできる様、尽力致しますので、どうか映画『高台家の人々』を来年の楽しみの一つにして頂きたいです。

●『高台家の人々』
冴えなくて、口下手で、ぼーっとしたOL平野木絵。
「特技:妄想」「趣味:妄想」。気づけば妄想して自分の世界に入り込みがちな木絵。

ある日、木絵の務める会社に、元華族で不動産や保険会社等を持つ名家・高台家の長男、高台光正がニューヨーク支社から転勤してくる。長身でイケメン、さらに祖母がイギリス人という見た目もさることながら、東大卒、オックスフォードに留学経験もあるという完璧すぎるプロフィールをもつ光正と、接点があるはずもない木絵。
しかし、そんな光正がいきなり木絵を食事に誘ってくる。

木絵は、何故気に入られたのか分からぬまま仲を深めていくが、光正の笑うタイミングを見ていると、どうも自分の馬鹿馬鹿しい妄想を覗かれているような気がしてならない…。

そう、実は光正には人には言えない秘密があった――それは“テレパシー能力”。
人の心を読めることで人間関係に辟易としていた光正にとって、楽しくて・面白くて・馬鹿馬鹿しくも思える妄想をする木絵と過ごす時間は、癒しの時間だった。何より、木絵の純粋な心の中に惹かれていく光正。

順調な関係を続ける木絵と光正だったが、木絵に立ちはだかる名家“高台家”。
二人の関係を許さない光正の母、光正を想い続ける女性、そして何よりも“釣り合わない恋”が木絵を不安にさせていく――

さらに“高台家”に隔世的に引き継がれてしまった “テレパシー能力”の存在を、木絵に打ち明けられない光正――
それぞれが抱える不安が二人の関係を変えていくことに……

高台家の人々

・登場人物・キャスト
平野木(き)絵(綾瀬はるか)
性格は平凡で、ぼーっとしているが、奇想天外でユニークな妄想が趣味の30歳地味めOL。光正にアプローチされ付き合うことに。

高台光正(斎藤 工)
名門家系・高台家を継ぐ長男で、イギリス人の祖母の血を引くエリートサラリーマン。人の心を読めるテレパシー能力を持ち、木絵の妄想と人柄にひかれている。

高台茂子(水原希子)
光正の妹。光正と同じくテレパシー能力を持つ。見かけによらず臆病な性格。

高台和正(間宮祥太朗)
三兄妹弟の末っ子。テレパシー能力を持つ。ひねくれ者でちょっといじわる。

高台由布子(大地真央)
光正たちの母。テレパシー能力は持たない。自分の信念を強く持っている女性で、素直な性格で思ったことをすぐに口に出す分かり易い性格。

高台茂正Jr.(市村正親)
光正たちの父。テレパシー能力は持たない。人一倍鈍感で、空気を読まない性格だが天真爛漫。通称マサオ。

・スタッフ
原作:森本梢子「高台家の人々」(集英社)
監督:土方政人
脚本:金子ありさ
企画・製作:フジテレビジョン
制作プロダクション:共同テレビジョン
配給:東宝

『高台家の人々』
2016年6月公開

(C)森本梢子/集英社
(C)2016森本梢子/集英社・ 映画「高台家の人々」製作委員会