MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

興津和幸、中原麻衣『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ Cadenza』舞台挨拶

現在大ヒット公開中の『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ- Cadenza』。
公開4週目となる10月25日(日)新宿バルト9にて大ヒット記念舞台挨拶が行われました。

登壇者は千早群像役の興津和幸、ヤマト役の中原麻衣、監督の岸誠二、シリーズ構成・脚本の上江洲誠の4名。

劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ- Cadenza

冒頭、来場者に何回来たかを聞いた際に、最高で23回観た人がおり登壇者も驚愕する一幕も……。

興津は「怖くて実はまだ劇場で一度も観ていない……。」と告白、中原は「本作からの参加でちょっと不安だったが、スタッフ、キャストそしてお客様が温かく迎えてくれて嬉しかった。」、岸監督は「艦隊戦や潜水艦の描写は上手くやり切った」と満足げに語り、上江洲は「『DC』上映開始時にはまだ『Cadenza』の脚本が完成していなかった。」と話し場内を驚かせました。

最後に、興津がヤマト役の中原が登壇しているのに合わせ「『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ- Cadenza』ヤマト」からの、「発進!」と会場全員での唱和に、中原が「きゅーそくせんこー」と合わせ、舞台挨拶を締めくくりました。

『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ- Cadenza』
大ヒット公開中!
公式Twitter:@Arpeggio_TV

(C)Ark Performance/少年画報社・アルペジオパートナーズ

●次の記事もオススメ ——————
『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ Cadenza』5週目来場者特典はムサシ色紙

『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ Cadenza』大ヒット記念舞台挨拶決定!

「渕上舞の急速せんこ~」最終回は初日舞台挨拶の舞台裏レポート