MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ザ・ウォーク』ゼメキス監督、佐藤浩市、本田翼とフォトセッション

第28回東京国際映画祭オープニング作品『ザ・ウォーク』
ロバート・ゼメキス監督がレッドカーペットに登場!
佐藤浩市、本田翼と並んでフォトセッション。

ザ・ウォーク

1985年『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、1994年『フォレスト・ガンプ/一期一会』、2000年『キャスト・アウェイ』、2012年『フライト』。常に“最先端のVFX技術”を活かした映像で世界中を驚きと感動で魅了してきたロバート・ゼメキス監督の、“集大成”であり“最高峰”とも言える作品『ザ・ウォーク』が1月23日(土)より公開されます。

本作が第28回東京国際映画祭ではオープニング作品として上映されることが決定。その映画祭が開幕を迎え、ロバート・ゼメキス監督、プロデューサーのジャック・ラプキー氏が来日し、オープニングセレモニーに参加しました。

ザ・ウォーク

●『ザ・ウォーク』第28回東京国際映画祭レッドカーペット/オープニングセレモニー
実施日:10月22日(木)
会場:六本木ヒルズアリーナ(レッドカーペット)
TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7(オープニングセレモニー)
参加者:ロバート・ゼメキス(監督)、ジャック・ラプキー(プロデューサー)

10月22日(木)、ついに開幕した第28回東京国際映画祭。
日本国内外の豪華ゲストが華々しくレッドカーペットを闊歩する中、オープニング作品『ザ・ウォーク』を引っさげレッドカーペットの最後のゲストとして登場したロバート・ゼメキス監督と、プロデューサーのジャック・ラプキー。

ここ東京の地で盛大に迎えられた事に喜びを感じている様子の2人は、日本はもちろん海外からも訪れている多数の報道陣の取材に快く応じ、さらに来場者へのファンサービスも丁寧に対応していました。

今回オープニング作品に選ばれ来日を果たしたことについて「自分の作品が東京国際映画祭のオープニングを飾るという事に信じられないくらい興奮しています。大変光栄です。みなさんが『ザ・ウォーク』を楽しんでくださる事を願っています。」(ゼメキス監督)、「みなさんの暖かなおもてなしに感動しております。映画祭の皆様、そしてソニー・ピクチャーズの皆様に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。」(ラプキー氏)と感謝を述べた2人。

レッドカーペット終盤では、クロージング作品である『起終点駅 ターミナル』からの参加者、佐藤浩市さん、本田翼さん、篠原哲雄監督と共にフォトセッションを行いました。

場所をTOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7に変えて行われたオープニングセレモニーでは、今回フィリップ・プティの物語を選んだ理由について「信じられない様な実話であり、ロマンがある題材でした。芸術と自らの夢を追うプティという男のスペクタクルを映像にしなくてはと思ったんです。」と説明したゼメキス監督。

さらにとてつもなくイカれた偉業を成し遂げたプティに「芸術家としての大きな情熱を感じる。ツインタワーにインスピレーションを受けて、とても強い気持ちで進んでいった男です。」と賞賛の言葉を贈り、実際本人に会った際には、「自分の感じたものを観客にも体感して欲しい」というメッセージを託されたことを告白。その想いを可能な限り反映したと話すゼメキス監督に、ラプキー氏も「プティは監督を信頼していた。監督のビジョンで伝えてくれれば大丈夫だと、そう言っていたんです。」と振り返っていました。

最後にゼメキス監督は「フィリップがワイヤーロープを歩き始めるその瞬間と芸術をぜひ観て欲しい。上映される全ての作品を観て欲しいですが、ぜひ『ザ・ウォーク』も楽しんでいただける様、願っています。」とメッセージ。いち早く映画を鑑賞する観客に何度も手を振りながら会場を後にしました。

ザ・ウォーク

●オープニングセレモニートーク
Q:今回東京国際映画祭オープニング作品に選ばれていかがでしょうか?

ゼメキス監督:自分の作品をオープニングに選んでいただき、大変興奮しています。映画のスタッフ、キャスト、ソニー・ピクチャーズを代表し、お礼申し上げたいと思います。

ラプキー氏:コンバンハ。今回はお招きいただき本当にありがとうございます。日本の皆さんから大変暖かいおもてなしをしていただいています。

Q:この作品を作ろうと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

ゼメキス監督:プティというキャラクターの斬新さに惹かれたんです。夢を追う男のスペクタクルを映像にしなくては、と思いました。

Q:プティはとてつもなく危険な偉業を成し遂げた一方で、狂気を感じる部分もあるように感じました。

ゼメキス監督:芸術家として大きな情熱を感じます。ツインタワーにインスピレーションを受けて、とても強い気持ちで進んでいった男です。

Q:実際にプティさん本人にお会いした時のご感想をお聞かせください。

ゼメキス監督:長い時間を彼と過ごしました。語り手としても優れている方です。自分の気持ちを観客にも体感して欲しい、というのが彼からのメッセージでした。できる限りその想いを反映したつもりです。

ラプキー氏:とても前向きな気持ちを持った方。芸術家としても素晴らしいです。彼は監督を心から信頼していました。監督のビジョンで伝えてくれれば大丈夫だと、そう言っていたんです。

Q:そのプティを演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットさんはどんな方ですか?

ゼメキス監督:素晴らしい役者です。プティのようにパフォーマンスにも興味を持っています。彼は何でも自分でやりたいと、たくさんの事に挑戦してくれました。フランス語もとても上手なんです。

ザ・ウォーク

Q:本作のオススメポイントを教えてください。

ラプキー氏:ぜひプティの情熱を映画を通して感じていただきたい。共感して欲しいと思います。ワイヤーロープに足を置いたあの瞬間、あの美しさを表現できるのはゼメキスただ一人です。

ゼメキス監督: フィリップがワイヤーロープを歩き始めるその瞬間と芸術をぜひ観て欲しいです。

Q:最後に東京国際映画祭の開幕を待ちわびていた皆様にメッセージをお願いします。

ゼメキス監督:上映される全ての作品を楽しんで欲しいですが、ぜひこの『ザ・ウォーク』も楽しんでいただける様、願っています。ありがとう。

『ザ・ウォーク』
2016年1月23日(土)全国ロードショー
<IMAX3D>上映も決定!

(C)2015 TIFF

●次の記事もオススメ ——————
ゼメキス監督、ドクとマーティに「時空をいじるな、壊すなと伝えたい」

100%未体験の映像体験『ザ・ウォーク』東京国際映画祭OP作品に決定

思わず脚ガクの場面写解禁『ザ・ウォーク』ニューヨーク映画祭OP作品に決定