MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『バイオハザード』清水崇、辻本貴則ら豪華スタッフでフルCG映画化決定!

実力派映画スタッフと人気アニメ脚本家で完全リブート!
『バイオハザード』フルCG長編映画製作決定!

カプコンの人気ゲームシリーズ『バイオハザード』の長編フルCGアニメーション映画の製作が決定しました! すでに日本以外の全世界配給も決定しており、今後国内配給会社を決定した後、2017年の公開を予定しています。

バイオハザード

●実力派スタッフが集結! 実写映画ではアリ得ない!?
劇場版『呪怨』シリーズを手がけ、USリメイク版では実写で日本人初の全米興行収入1位を達成した、ホラー映画界の巨匠・清水崇氏と、実写版『機動警察パトレイバー』シリーズやシリーズ最新作『ウルトラマンX』などドラマティック・アクション映像に長けた辻本貴則監督による強力タッグの下、話題作を手がける人気脚本家・深見真氏(『PSYCHO-PASSサイコパス』、『がっこうぐらし』)を迎え、シリーズ最恐のホラーストーリーとダイナミックなアクションシーンを描きます。

さらに、恐怖を煽る重要な音楽を担当するのは、日本を代表する実写映画及びアニメ作品の楽曲だけでなく、TVドラマやゲーム音楽でもその才能を発揮する川井憲次氏。原作監修として、カプコンから『バイオハザード』シリーズ等の数々の人気ゲームをプロデュースした小林裕幸氏が参画。第1弾『バイオハザードディジェネレーション』(2008)、第2弾『バイオハザードダムネーション』(2012)からスタッフを一新し、完全リブート! ゲーム往年ファンのみならず、実写映画・アニメファンも必ず満足すること間違いありません!

●「ゾンビブーム」の原点復帰! 世界に恐怖を拡散する!
シリーズ累計販売本数6500万本を超えるサバイバルホラー・アクションの代名詞、『バイオハザード』の世界観を元に、歴代ゲームに登場した人気のキャラクターたち、そして不気味な存在感を醸し出す新キャラクターたちが、予測不可能な展開でバトルを繰り広げる!

昨今の「ゾンビブーム」の原点となる『バイオハザード』シリーズの新作映像を、最新のハイクオリティCG技術で魅せます。

CG映画では初登場となる人気キャラクター、クリス・レッドフィールドとレベッカ・チェンバース、おなじみのレオン・S・ケネディが新たな脅威に立ち向かう姿に乞うご期待!

エグゼクティブ・プロデューサー:清水 崇
監督:辻本貴則
脚本:深見 真
音楽:川井憲次
原作監修:小林裕幸(カプコン)

『バイオハザード』フルCG長編映画
2017年全世界公開予定!

(C)CAPCOM/MARZA ANIMATION PLANET

●次の記事もオススメ ——————
『バイオハザード』最終章、ローラがアリスと共に戦う女戦士役で出演!

『バイオハザード ダムネーション』神谷誠監督ほか初日舞台挨拶

『バイオハザード ダムネーション』TVスポット解禁!!