MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

VFXスーパーバイザーにアラン・スコット『EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー』

宇宙から届いた謎のメッセージ その秘密を暴くとき、何が起こるのか。
『ジュラシック・パーク』シリーズのVFXスタッフが贈るSF大作
『EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー』

EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー

高速道路建設のために、町全体が強制退去を余儀なくされ、もうすぐ離ればなれになってしまう親友同士の少年3人。明日がいよいよ別れの日という時、突然、街中の携帯電話に不可解の画像が映し出される。

真相を突き止めるために、地図が指し示す闇深き砂漠へと向かう。そこで彼らが遭遇したのは、遥か彼方の宇宙からやってきた未知の物体だった……巨大な謎と怪しげな陰謀が渦巻く中、彼らが見つけた答えとは……!?

EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー

監督は、サム・ライミの『スパイダーマン』3部作(2002・2004・2007)のプロダクション・アシスタントを経て、短編映画やミュージックビデオ等で頭角を現してきた新進気鋭のデイヴ・グリーン。本作のクオリティが認められ、次回作にはなんと、マイケル・ベイがプロデュースするSFアクション大作『ミュータント・タートルズ』(2014)の第2弾監督に大抜擢された。

見事な映像による撮影には、『ハイテンション』(2003)、『ヒルズ・ハブ・アイズ』(2006)、『ミラーズ』(2008)等のアレクサントル・アジャ作品や、『クレイジーズ』(2010)、『サイレントヒル:リベレーション3D』(2012)といった話題作を手がけてきたアーティスティックな魔術師マキシム・アレクサンドル。

VFXスーパーバイザーは、『ターミネーター2』(1991)、『ジュラシック・パーク』(1993)、『アイアンマン3』(2013)等、数々のSF映画を手がけてきたベテラン、アラン・スコットが務めている。

EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー

原題・英題:EARTH TO ECHO
監督:デイヴ・グリーン
出演:テオ・ハーム、ブライアン・“アストロ”・ブラッドリー、リース・ハートウィグ、エラ・ワレステッド
2014年/アメリカ
配給:松竹

『EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー』
10月24日(土)ロードショー

(C)2014 RML Echo Films, LLC All Rights Reserved