MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

桂正和、中山麻聖、矢島晶子らが晴明神社で祈祷式『牙狼 -紅蓮ノ月-』

TVアニメーション『牙狼 -紅蓮ノ月-』
「京まふ2015」ステージイベント&晴明神社での祈祷式レポ―トが到着!

桂正和さん、中山麻聖さん、矢島晶子さんよりオフィシャルコメントも到着!

牙狼 -紅蓮ノ月-

人の陰我を喰らう魔獣“ホラー”を討滅するため、代々受け継がれし鎧を召還し戦う“魔戒騎士”。その中でも最高位である“牙狼”の称号を受けた黄金騎士の戦いを描く『牙狼<GARO>』シリーズ。TVアニメーション第2弾となる『牙狼 -紅蓮ノ月-』が放送開始!

物語の舞台となる京都で、9月19日(土)~20日(日)に開催された「京都国際マンガ・アニメフェア2015(京まふ)」に『牙狼<GARO>』がブースを出展。メインキャラクターデザイン・桂正和さんによる生デザイン原画を初公開する貴重な展示会を行いました。また、2日間に渡りイベントを展開。さらに、晴明神社にてヒットを祈願する祈祷式を行いました。

9月19日(土)には、ブース内にて「桂正和 トークステージ」を開催。また、20日(日)には、桂正和さんのほか、中山麻聖さん(雷吼役)、矢島晶子さん(金時役)を加えてのスペシャルトークステージを開催。最新映像の上映のほか、作品やキャラクターについての紹介が行われ、本作の見どころや、アフレコ時のエピソードなども語られ、集まったたくさんの来場者がトークに聞き入っていました。

牙狼 -紅蓮ノ月-

牙狼 -紅蓮ノ月-

同じく9月20日(日)には、京都にある陰陽師の安倍清明を祀る神社・晴明神社にて、桂正和さん、中山麻聖さん、矢島晶子さん、および、アニメーション制作を行うMAPPAの丸山正雄さん(代表取締役)、東北新社の吉田健太郎さん(上席執行役員)らスタッフ陣が参加し、本作の祈祷式を行いました。

本殿前にてスタッフ陣が集合し、祈祷式に参加。参加者を代表し、中山麻聖さんが玉串を捧げて拝礼を行いました。また、願いを込めた絵馬を奉納し、厳かな雰囲気の中、祈祷式は無事終了しました。

牙狼 -紅蓮ノ月-

牙狼 -紅蓮ノ月-

晴明神社は「魔除け」の神社として知られており、人の魂を喰らう物の怪“火羅(ホラー)”を祓うという、作品世界にもつながる祈祷式となりました。

・桂正和さんコメント
平安時代の設定なのですが、あまり気にせずに自由にデザインをしたので、その辺りにも注目して楽しんでいただきたいです。『牙狼<GARO>』という作品は、実写の世界観ももちろん面白いですし、アニメもこれから面白く盛り上がっていくと思いますので、ぜひ皆さんに見ていただけたらと思います。

牙狼 -紅蓮ノ月-

・中山麻聖さんコメント
今回の『牙狼 -紅蓮ノ月-』は、雨宮監督の世界観と桂正和さんのキャラクターデザイン、そして京都・平安京をアレンジした世界観が融合して、全く新しい素敵な物語が始まると思いますので、楽しみに観ていただければと思います。前回の『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』に続き、2度目の参加となりますが、身を引き締めて、最後まで責任を持っていきたいと思っています。

これまでの『牙狼<GARO>』シリーズを観たことのない方、アニメーションを普段観ないという方にもぜひこれを期に観ていただければと思います。

・矢島晶子さんコメント
アフレコしていて面白いのが星明と、雷吼のやり取りです。毎回見どころ満載なので、ぜひ観てほしいなと思います。金時は2人の間にいられるだけで幸せだと思うので、その幸せを感じつつ私も演じております。他にも魅力的なキャラクターが登場しますし、キャストも個性的な方々が参加していらっしゃるので、毎週楽しみに見ていただけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

『牙狼 -紅蓮ノ月-』公式サイト:http://garo-project.jp/ANIME2
公式Twitter:@anime_garo/ハッシュタグ:#anime_garo

(C) 2015「紅蓮ノ月」 雨宮慶太/東北新社

●次の記事もオススメ ——————
秋元才加がしっとりと歌い上げる、劇場版『媚空-ビクウ-』主題歌決定

数週間しか経っていないのに、牙狼分の強い方々からリクエストが……

黄金騎士ガロが新宿に出没! 新宿東口を金色に染め上げる!

→『牙狼<GARO>』特設ページ

→2015年10月アニメ新番組特設ページ