MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

永瀬匡「だれかが風の中で」はわからないです!『天空の蜂』イベント開催

今年最も注目のクライシス・サスペンス超大作!!
映画『天空の蜂』

今だから話せるぶっちゃけギリギリトーク!?
永瀬匡、堤幸彦監督登壇! ティーチイン付き上映会開催

天空の蜂

早くも公開一ヵ月が経つ現在も公開の熱が冷めやらぬ、映画『天空の蜂』。

この度、公開一ヵ月を記念して、ティーチイン付き上映会イベントが開催されました。当日は、永瀬匡、堤幸彦監督が登壇し、“今だから話せるぶっちゃけトーク”をテーマにトークを展開!

そして、質問コーナーでは、観客の皆さんより手が挙がり様々な質問が飛ぶ中、終始ドキドキしながらも笑顔で答えている様子でした。

●映画『天空の蜂』 ティーチイン付き上映会
日時:10月12日(月)
場所:新宿ピカデリー スクリーン5
登壇者:永瀬匡、堤幸彦監督、福島プロデューサー(MC)

MC:お二人から一言ずつご挨拶を頂戴いたします。

永瀬匡さん(以下、永瀬さん):こんにちは! この作品は難しい題材も含んでおりますが、この時間は楽しく駄弁れたらなと思います!

堤幸彦監督(以下、監督):休日に今日はありがとうございます。皆さんと一緒に駄弁れたらなと思います(笑)

MC:まず監督にお伺いします。撮影で、ここに苦労したというシーンなどはありますでしょうか。

監督:全部大変でしたよ! ありえない大きさのヘリをコンピューターで飛ばすのはいかに本物にみせるか大変でした。ただ、そうゆう表面的な部分もありますが、社会性もはらんでいる作品なので、作品に取り掛かるまで調べる作業に時間が掛りました。

MC:続いて、永瀬さんは監督に聞きたいことはありますでしょうか。

永瀬さん:監督は役者さんに対して、ここが見れたら嬉しいとか、この人でよかったと思う瞬間ってどんな時ですか?

監督:そんな真っ直ぐ見つめられるとドキドキするね。僕の年になると目がどんよりしてくるから、キラキラしていてうらやましいよ(笑)

永瀬さん:いやいや、でもさっき、イギリス人かって言われました(笑)

監督:いろんな瞬間があります。予想を裏切って面白かったり。例えば、トリッ○なんかは仲間さんに初めてお会いして話した時に面白くもっていけそうだと感じました。本当は作品をもっとシリアスにもっていくはずだったんですが、仲間さんにお会いして急遽、笑いを入れました。そんなように、お会いしてすぐにわかる時もあれば、1カット、2カット撮ってわかる時もあるし、全く見えない時もある。

永瀬くんみたいにカッコイイ人はなかなか見えずらいよね。やっぱりカッコイイイメージがあるから。そういう時はなるべくカッコ悪くするようにしたりするとふと見えたりする。いろんな瞬間で見えると思います。

天空の蜂

MC:それでは、皆様からの質問コーナーとさせて頂きます。ご質問がある方は挙手をお願い致します。

天空の蜂Q1:堤監督へなのですが、監督が撮る仲間さんが一番キレイで好きなのですが、今回の仲間さんのシーンでキレイだと感じたシーンはありますか?

監督:お腹の痛さで階段のところでうずくまるシーンかな。基本的に彼女はどのシーンもキレイなんですが、あのシーンは寂しさが感じられて、彼女の美しさが滲み出ていましたね。

Q2:作品の中で上条が一番好きなのですが、テーマソングを付けるなら何にしますか?

永瀬さん:うーん…B’zの「ultra soul」じゃないですか!? “ウルトラソウル!”って身を乗り出すしかないですよね。

監督:時代だよね~僕はもちろん上條恒彦の時代劇『木枯し紋次郎』の主題歌でしょ! 「だれかが風の中で」だよ。

永瀬さん:わからないです!(笑)

Q3:この作品は3.11の前には企画になっていたのかなと思いますが、きっかけって*何だったのでしょうか?

監督:企画は福島プロデューサーです! 福島さん、ぜひ!

MC(福島プロデューサー):3.11より以前に作品自体を読んではいたんですが、あまりその時にはピンときていなかったんです。ただ、数年後の3.11を経験したあと、この作品は残していくべきだと思いまして、企画が進みました。会社にも、監督にも、周りの方々にもすぐさまやりましょうと返事をいただいて、進めることができました。

監督:僕もだいぶ前の時点で読んでいました。読み返すと東野先生の本音のような作品だなって感じましたね。そこでより凄いなって思ったのは、僕たちが何かを批評する時は大体イメージで話し合うことが多いんですが、東野先生はイメージではなく、科学的に分析して、批評しているのに驚きましたね。

僕は気仙沼でドキュメンタリーを撮っていることもあって、ラストにオリジナルのシーンを加えると聞いて、やろうって心に決めました。映画の一企画ではありますが、たくさん企画がある中の一つとは言い難いくらい、重くて、気高いものだと思います。

Q4:“原発”を題材にした作品ですが、企画から製作に至るまで大変でしたか?

監督:原作もそうですが、この作品はとても中立的な立場で描いています。
3.11で、日本人は大災害を経験しました。人々の中にも、様々な意見を持っている方がいらっしゃると思います。ただ、この映画は何より、お金を払って観てくださる方に徹底して楽しんでいただけるように作ったつもりです。

永瀬さん:僕自身、“沈黙する群衆”でしたが、この作品に携わって、色々と考えさせられました。僕は何かに思い切って挑む人が、とても魅力的だと感じる人間なので、この作品にも絶対出たいと強く思いました。

天空の蜂Q5:今日が最後だと思うのですが、永瀬さんは主題歌を覚えられましたか…?

監督:頑張って!

永瀬さん:愛して~愛して~ララーラ~…難しいんです! 覚えたいんですけど、なかなか…!

監督:いい歌なんだけどね、意外と歌詞が難しいよね(笑) ちなみに、秦くんは僕の後輩なんだよね。

永瀬さん:えっそうなんですか!

MC:最後にお二人からお一言ずつ頂戴したいと思います。

永瀬さん:今日は朝一で観に来てくださって、本当にありがとうございました。
こんな風に、監督や皆さんとお話する機会はなかなかないので、今日は皆さんの想いも聞けて、良い時間を過ごすことができました。ぜひ周りの方々ともこの作品についてお話しいただけたら嬉しいです。

監督:ありがとうございました。この作品は優秀なチームのもと、何百人の人々の力があわさって完成しました。自分の人生の中で、誇りに思える、棺桶に持っていける作品になりました。今日は本当にありがとうございました。

『天空の蜂』
絶賛公開中!

(C)2015「天空の蜂」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
超巨大ヘリを奪う謎の男・綾野剛の『天空の蜂』メイキング映像

江口洋介、本木雅弘が熱い握手!『天空の蜂』初日舞台挨拶

原作:東野圭吾×監督:堤幸彦『天空の蜂』タイムリミットは8時間-標的は原発。