MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『スタミュ』僕たちも目をキラキラさせながら収録に臨んでいます!

今週より放送開始となったミュージカル TVアニメ『スタミュ』。
その放送直前に行われたteam鳳(花江夏樹さん、小野賢章さん、ランズベリー・アーサーさん、細谷佳正さん、前野智昭さん)のインタビューが届きました。

スタミュ

Q:それぞれのキャラクターの印象は?

花江さん:星谷悠太は、持ち前の明るさでまわりの人を惹きつけていく男の子です。ミュージカル初心者ですが、ポジティブに頑張っていくところは僕も見習いたいなって思います。

前野さん:1話の収録で、監督が「これは星谷の成長ストーリーだ」とおっしゃっていて、徐々に歌や芝居のレベルが上がっていく彼を演じるのは大変だと思ったのですが、花江くんは絶妙なさじ加減でやっていてすごいな、と。

花江さん:ありがとうございます。絵が成長をあらわしてくれているところも大きいのですが、なんとかお話に合わせてつくっていけたらと思っています。

細谷さん:「梨園の貴公子」とも呼ばれる天花寺翔は、エリート意識がつよく、まわりの人を見下しがちです。ただそれも、歌舞伎界の未来を担っていく重責ゆえの負けん気だと思うんです。個人的には、弱さを見せないところが好きですね。

アーサーさん:月皇海斗は、綾薙学園を主席で卒業した兄にコンプレックスを感じながらも、それに打ち勝とうと頑張っている。子安武人さんの弟役というプレッシャーはありますが、それよりもうれしい気持ちの方が大きいです。ストイックさの中にも優しさが垣間見える子なので、イヤな感じにならないよう心掛けて演じています。「負けられない」という思いは、天花寺と通じるものがありますね。

細谷さん:そうですね。他の生徒には「この野暮助が!」という天花寺も、月皇に対しては「こいつやりよるな」と一歩引いて見てるようなところがあります。

小野さん:那雪透は中学から綾薙学園なので基礎的な技術は持っていると思うのですが、とにかく優しすぎる。平和主義的なところも、気が弱くて自分に自信が持てないところも、すべてつながっているのではと感じました。

前野さん:「team鳳」の、お母さん的なポジションだよね。

小野さん:みんなのご飯を作りますからね! 僕とは共通点が少ないので、奮闘しています(笑)。

アーサーさん:空閑がお父さんかな。静かにデンと構えて、収めるべきところは収めてくれるから。

前野さん:空閑愁は口数があまり多くなくて誤解されやすいですが、いい距離感で人と接しているので、個人的には友だちに欲しいタイプですね。台詞が少ない中にも自分なりの存在感を出そうと、初めのうちは多めに息のアドリブを入れたりしたんですけど……。

アーサーさん:よく「空閑、そこいらない」って言われていましたね。

小野さん:でも、絶対、一番カッコイイキャラですよ。

前野さん:そんなことないよ(笑)。みんなも意外なギャップがあったりするし。ただ、まさかの突破口を開いたりする部分はあるので「team鳳」のジョーカー的なポジションになりそうな気がします。

細谷さん:そうそう! 序盤にそんな場面があって、そこで僕も空閑くんのことが大好きになりました。

スタミュ

Q:「team鳳」の魅力をどんなところに感じていますか?

前野さん:完璧な人がいないんです。素人だし、緊張しちゃうし、態度でかいし、兄貴にコンプレックスあるし、試験当日に遅刻しちゃうし……あっ、最後のは空閑です(笑)。そんな未熟さを伸びしろとして成長していけるところに可能性を感じますね。

細谷さん:逆に、そんなメンバーをチームに選んだ鳳先輩のことが気になります。ものすごい人だって言われてるけど、何かしら星谷たちに自分と重なるものを見ているのかなって。

花江さん:いろんな関門に向けて練習していく中で、絆がどんどん深まっていくところに「スタミュ」の“青春”を感じます。きっと、ご覧いただく方も巻き込んで、ひとつのチームになっていけるのではないでしょうか。

Q:ズバリ、綾薙学園の「ココが気になる!」というところは?

アーサーさん:ミュージカル学科以外に、どんな学科があるのか!?

前野さん:とりあえず、声優学科はないそうです。

小野さん:僕、ガヤをやるとき勝手に演出学科を設定してしゃべりました。

アーサーさん:ガヤでもダルそうなテンションだと直されるのがおもしろいです。「綾薙学園の生徒なんだから、もっとキラキラして!」って。

スタミュ

Q:アフレコ現場で、この作品ならではだと感じることはありますか?

前野さん:ここまでミュージカルに特化した作品もめずらしいですよね。歌もたくさん録らせていただきました。劇中、突拍子もないところで流れるのが斬新です。

小野さん:お芝居的には、キャラクター同士の関係性があった上での対話を大事にしている印象を受けました。

細谷さん:思わず吹き出しちゃうようなところがあるのですが、少しでも狙って演じると、音響監督さんに言われるんです。「おもしろくなっちゃダメだよ!」って。彼らは本当に一生懸命なので、僕たちも目をキラキラさせながら収録に臨んでいます!

Q:ご自身のミュージカル体験や、実際にやるならどんな演目が良いか教えてください。

小野さん:僕は、子供のころに劇団四季の「ライオンキング」に出演していました。体調とモチベーションをキープしつつ、日々、クオリティを上げ続けなくてはいけないという過酷な現場だと思います。

細谷さん:「ライオンキング」は、上京したときに見に行きました。小さな男の子の声が広い劇場の後ろの方までスコーンと飛んできたとき、これはスゴイものだぞと思いましたね。

花江さん:ミュージカルとはまた違うのですが、小学生のとき、ほぼ歌で物語が展開する「オペレッタ」をやって、子供ながらに歌に気持ちを込めることの難しさを感じました。

アーサーさん:宝塚は何度か見に行っています。公演はもちろん、ファンの方たちも含めた特別な世界が出来上がっていることに衝撃を受けました。

前野さん:僕は劇団☆新感線さんの舞台をよく見に行くのですが、本当にさまざまな要素で楽しませてくださるので、いろんな能力が高くないとダメなジャンルだと思いますね。自分がやれと言われてもムリな話なので、せめて、空閑愁くんという役を通して体験できたらいいなと思います。

アーサーさん:僕は一度挑戦してみたいです。

細谷さん:ランズ兄さんは、佇まいからミュージカルが似合うしね。

アーサーさん:とはいえ、スケジュールの問題など現実的ではないと思うので……その気持ちは封印します。
小野さん:いや、意外とやれるよ? からだはボロボロになるけどね!

一同:ははは(笑)。

スタミュ

Q:最後に、本作のみどころを!

小野さん:那雪を演じながら、一緒に成長していけたらいいなと思っています。僕らも真剣に取り組んでいますので、男の子たちのミュージカルに掛ける想いを見守っていただけたらうれしいです。

アーサーさん:最初は不協和音な5人がどうなっていくのか、演じている側としても楽しみにしてています!

細谷さん:いつか「team鳳」で何かしらのミュージカルをやるときにはスゴイものを見せてくれるのではないかと、僕も期待しています。

前野さん:いろいろな人たちが星谷の前向きさに惹かれて変わっていくと思います。ぜひ、彼らの成長劇を見届けてください。

花江さん:あまり深いことは考えず、好きなキャラクターを見つけて、楽しんでいただければと思います!

公式サイト:http://hstar-mu.com/
公式Twitter:@hstar_mu

(C)ひなた凛/スタミュ製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
本日から放送『スタミュ』第1話、学園のトップに君臨する「華桜会」

10月アニメ新番組『スタミュ』OPテーマ「DREAMER」MVが公開!

10月アニメ新番組『スタミュ』放送情報決定、キャストコメント動画公開

→2015年10月アニメ新番組特設ページ