MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『猫なんかよんでもこない。』主題歌をSCANDALが担当!

30万人が泣いた! <実話>を基にした、感動ニャンダフル・ストーリー!
『猫なんかよんでもこない。』

SCANDALが主題歌を担当!

猫なんかよんでもこない。

<30万人が泣いた>実話を基にした、猫好きの、猫好きによる、猫好きのための大人気コミック『猫なんかよんでもこない。』(杉作 著/実業之日本社)が“奇跡”の実写映画化! 2016年1月に全国公開されます!

ボクシングに人生を捧げる三十路寸前の男・ミツオのもとにやってきたのは、漫画家である兄がひろってきた子猫の兄弟“チン”と“クロ”。<超やんちゃ>と<超気まま>な2匹に、猫初心者のミツオは振り回されっぱなし。そんな中、自らのボクシング人生をかけた試合中のケガがもとで、プロボクサーとしての道が閉ざされてしまい…。楽しい日々もちょっと切ない日々も、いつも一緒。1人と2匹の、かけがえのない猫デイズが始まります!

この度、本作の主題歌を人気ガールズバンド“SCANDAL”が担当することに決定しました!

2006年に結成され、2008年に「DOLL」メジャーデビュー。翌年には「少女S」でレコード大賞新人賞受賞。ライブでの実績を着実に積み重ね、SCANDALの影響で楽器を始める女子も増えるほどの若い世代から人気を集めています。2015年には世界9ヵ国41公演のワールドツアーを成功させるなど、日本のみならず世界的に大注目の4人組ガールズバンドです。

先月(9月)にリリースしたシングル「Sisters」も大ヒットを記録しており、さらに10月17日(土)より全国の映画館で彼女たちの姿を追ったドキュメンタリー映画の公開も決定しております。

この映画のためにSCANDALが書き下ろした楽曲は「Morning sun」。タイトルどおりのさわやかで温かな気持ちに包まれる本作にぴったりの楽曲となっています。

・SCANDALのメンバーは今回の楽曲提供について
主題歌のお話を頂いて、何度も映画を見返しながら、朝の日差しのように柔らかい作品だなと感じ「Morning sun」 という曲を書き上げました。不器用なミツオと自由奔放なチンとクロ。大切なパートナーの影響で苦手なものを愛せたり、知らなかった世界に興味が持てたり、 自分のこころが変わってゆくのってとても素敵です。そして、案外自分自身もパートナーのこころを変えているものかもしれません。

相手を想う気持ちがある限り、どんなに遠く離れてもきっと永遠に繋がっていられるはず。エモーショナルで優しい曲ができました。エンドロールが終わったあと清々しい気持ちになってもらえたら嬉しいです。

SCANDAL

●ストーリー
ボクシングに人生を捧げる三十路寸前の男・ミツオのもとに、子猫の兄弟“チン”と“クロ”が現れた! 猫嫌いのミツオは振り回されっぱなしだが、アパートの大家さんや猫大好きの女性・うめさんの応援もあって、ちょっとずつ距離を縮めながら、彼らは極貧生活を支え合う運命共同体になっていく。

そんな中、大きな変化が訪れる。生きがいを失い、新たな一歩を踏み出せずにもがくミツオ。対照的に、チンとクロは新しい世界へ飛び出そうと爪を研いでいた……。楽しい日々も、ちょっと切ない日々も、いつも一緒。1人の男と小さな2匹の、かけがえのない猫デイズが始まった!

出演:風間俊介 つるの剛士 松岡茉優
監督・脚本:山本透
共同脚本:林 民夫

映画『猫なんかよんでもこない。』
2016年1月 全国公開

(C)2015杉作・実業之日本社/「猫なんかよんでもこない。」製作委員会