MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

東出昌大、海外映画祭初参加!『GONIN サーガ』バンクーバーへ!

1995年に公開され、「日本のフィルム・ノワール最高峰」、「バイオレンスアクションの傑作」として国内のみならず海外からの評価も未だに高い映画『GONIN』。その続編であり、9月26日(土)より全国公開された映画『GONIN サーガ』が9月24日から行われている北米最大の映画祭のひとつ、「バンクーバー国際映画祭」で上映されました。

石井隆の前作『GONIN』が1995年に、『GONIN 2』が1996年にそれぞれ本映画祭にて上映されており、今回映画祭からの熱烈なオファーを受けて実現。石井隆監督も本作を引っ提げて映画祭へ初参加、そして本作の主演である東出昌大、自身初となる海外映画祭となり、揃って舞台挨拶に登壇! 大盛り上がりとなりました。

GONIN サーガ

プログラマーのトニー・レインズ氏からは「この凶暴な新作『GONIN SAGA』に驚きながら、石井隆について二つのことが明らかだ。一つ目は、この20年間の社会的経済的な変化の中でも彼が最先端であり続け、数少ない監督にのみ可能なことだが、今について正確につかんでいるということだ。二つ目は、日本ネオ・ノワールの、比類なきマスターであるということだ。」という惜しみない賛辞の言葉が寄せられ、『GONIN』が世界に与えた衝撃、そしてその続編となる本作への熱い支持が伺えます。

●『GONIN サーガ』バンクーバー映画祭 レポート
登壇日時:(現地時間)9月30日(水) 14:40頃~
場所:カナダ バンクーバー International Village
参加者:東出昌大、石井隆監督 ※敬称略

・映画祭出品にあたっての石井隆監督コメント
1996年にモントリオールFANTASIA映画祭で石井隆特集”があり、『GONIN』、『GONIN2』が招待上映された。その帰路、僕はトロント、バンクーバーとナイアガラを訪れた。バンクーバーは、ハードボイルド映画そのままの倉庫が並ぶ波止場にスタンドバーがある港街で、街中でカーチェイスができる映画コミッションのある街だから、監督にぴったしですよ、と言われたからだ。

さらにその足でナイアガラの滝を訪れて遊覧船で滝の近くまで行って雨を浴び、瀑布の裏にある洞窟の中から轟々たる水膜を震える思いで見るショットを妄想しながら、僕の頭の中では東京、香港、バンクーバー、ナイアガラを繋ぐ新しい『GONIN』の構想が湧き上がり、帰国後にすぐに長いプロットを書いた。

しかし、そのプロットはシナリオに昇華しないまま誰の目にも触れずに埋もれたが、あれから20年近く、再び『GONIN サーガ』がバンクーバー映画祭で招待上映されると聞き、僕は眩暈とため息が漏れた。

バンクーバー映画祭での『GONINサーガ』上映会に寄せて:石井隆

・海外映画祭初参加にあたっての東出昌大コメント
多くの邦画ファンからカルト的な人気を集めている石井隆監督の激流のような撮影現場に参加させていただいたことは、私にとって栄誉であり、かけがえのない財産になりました。

その作品で、自身初の国際映画祭に参加できることは呆然とするような、急に叫び出したくなるような言葉にできない思いでいっぱいです。

撮影現場で苦楽をともにした、キャスト、スタッフ皆様の思いと日本人であることの誇りを背負って、胸を張って登壇できればと思います。
東出昌大

GONIN サーガ

・『GONIN サーガ』バンクーバー映画祭レポート
東出昌大、主演作『GONIN サーガ』を引っ提げ海外映画祭初参戦! 司会者のムチャぶり「英語話せるんですよね?」に苦笑いも、想いのこもった英語のスピーチで観客を魅了!

<東出昌大英語スピーチ>
Hi. I’m Masahiro Higashide, the main actor of GONIN Saga.
I hope you enjoyed the film. This is my first time to attend an international film festival.
I am very excited to be here today and it is an honor to have been invited.
Thank you very much.

<訳>
『GONIN サーガ』で主演をつとめました東出昌大です。
皆様、映画はお楽しみいただけたでしょうか?
初めての海外映画祭参加で非常に興奮しています。
ご招待いただき光栄に思っています。ありがとうございました。

GONIN サーガ

1995年に公開され、「日本のフィルム・ノワールの最高峰」、「バイオレンスアクションの傑作」として国内のみならず海外からの評価も未だに高い映画『GONIN』。その続編であり、9月26日(土)より全国公開された映画『GONIN サーガ』が9月24日から行われている北米最大の映画祭のひとつ、「バンクーバー国際映画祭」で上映、主演の東出昌大と、監督を務めた石井隆が舞台挨拶に登壇しました。

会場となったINTERNATIONAL VILLAGE THEATREには400人の観客が押し寄せ海外ジャーナリストやカナダ人、カナダ在住の日本人など多くの観客で満員御礼。自身初となる海外映画祭への出席を果たした東出昌大が上映終了後の劇場に登場すると、会場は大きな歓声に包まれました。

バンクーバー在住の日本人も多く詰めかけた会場を見て、「不慣れな英語を話さなくてもいいんじゃないか、と思った(笑)」と言いながらも「たくさんの国の方がいらっしゃる会場で、日本語だけでは不公平だから」と東出らしい気遣いを見せ、この日のために用意し練習してきたという丁寧な英語のスピーチを披露。その姿に、会場のファンから温かい拍手が贈られました。

拍手と歓声はそのまま熱い質問が飛び交うQ&Aに移り、早くも続編に関する質問が飛ぶなど、「GONIN」そして石井隆監督の、日本のみならず海外での高い人気を伺わせる舞台挨拶となりました。

さらに、劇場の外に設置されたレッドカーペットには劇場に入れなかったファンおよそ100人が詰めかけ、東出が登場すると会場は一気にヒートアップ。現地媒体のインタビュー取材に応じたあとは、もみくちゃになりながらも多くのサインや握手に応じるなどファンサービスを行い、映画祭ならではの観客との距離を存分に堪能していました。

GONIN サーガ

初の海外映画祭参加となった東出は、一泊三日というスケジュールでの参加で「もう少しいたかった!」と本音を漏らす一幕も。また、観客の反応に大いに刺激を受けたようで、「観ているものは同じなのに、ここで笑うのか、とか、こんな見方もあったのか!と思うほど新鮮だった」と述懐。「映画はこんなふうに楽しんでいいものなんだと改めて思った」と言い、「映画に携わる人間として、これからも海外の人にも自信を持って贈りだせる作品を作っていかなければならないと思った」と、気持ちを新たにしていました。

『GONIN サーガ』
TOHOシネマズ 新宿他大ヒット上映中!

(C)2015『GONINサーガ』製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
根津甚八からサプライズメッセージ!『GONIN サーガ』初日舞台挨拶実施

氷頭は生きていた『GONIN サーガ』根津甚八が本作限りの復活!

石井隆監督作『GONIN サーガ』クランクアップ、キャストコメント到着