MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

目指せ!夢の頂点!!漫画家を夢見る若者たちへ厳しく暖かいメッセージ

京都造形芸術大学学園祭で映画『バクマン。』特別試写会を開催。
大根仁監督と川村元気プロデューサーが、夢を目指す若者たちへ大きなエール!

バクマン。

原作:大場つぐみ×漫画:小畑健、「デスノート」のコンビが贈り出す現代の「まんが道」ともいえる「バクマン。」は2008年より週刊少年ジャンプにて連載を開始。全20巻で累計1,500万部超えの大ヒットを記録しました。

漫画界の頂点といわれる雑誌「週刊少年ジャンプ」での連載を目指す高校生マンガ家(作画担当)・真城最高(サイコー)を演じるのは佐藤健。サイコーとコンビを組む同級生(ストーリー担当)の高木秋人(シュージン)役に神木隆之介。

映画『モテキ』で日本映画の新たな地平を切り開いた鬼才・大根仁監督がメガホンをとり、斬新な映像技術を駆使し、全く新しい映画を魅せると同時に、少年達の成長、戦い、友情、そして恋愛、爽快感と躍動感あふれるまさに王道の青春映画に仕上げました。

今回はマンガ学科を有し、劇中で描かれる主人公達と同じように芸術表現を研鑽する若者たちが集う、京都造形芸術大学の学園祭「大瓜生山祭 2015」の2日目に映画『バクマン。』の特別試写会を学内の<春秋座>にて実施。

上映後には大根仁監督と本作の企画・プロデュースを手がけた川村元気プロデューサー(『モテキ』、『告白』)が登壇。熱気に溢れる500人の観客を前に本作の企画意図、自身の体験を元にした夢へのアプローチを披露すると共に、夢を目指す若者たちへ大きなエールを贈りました。

バクマン。

・大根仁(脚本・監督)コメント
(自身の漫画体験ベスト3を聞かれて)1位は「まんが道」。これは「バクマン」のオマージュにもなっている藤子不二雄先生の自伝的な漫画ですね。映画の中ではプロジェクションマッピングの手法を使用していて、あれは実際に漫画家さんの頭の中を表現してみたかったんです。

(原作の)小畑先生が「漫画家がペン入れでのっている時は原稿の上を駆けずり回っているような気分だ」とおっしゃっていたのでそれを表現してみました。

(10代の学生の「逆境や批判に対してどうやって立ち向かっていますか?」という質問に対して)10代のころは悔しい思いをして誰かにぶつけたくなっても、吐き出さずに貯めておいたほうがいいですね。きっとそれが将来の力になると思います。

(「劇中の二人のように学生時代からの相棒はいますか?」という質問に対して)今、学生の時のような友人はいないけど、企画やプロジェクトごとに相棒やパートナーが居る感じですね。この作品(バクマン。)に対してはこの人(川村P)かなー。まんが道しかり、サイコーとシュージンしかり、男同士のバディものってフィクションであってもいつも企画されるのは、それだけ魅力があるという事だと思います。

・川村元気(企画・プロデュース)コメント
僕が映画を企画するときは「どうやって映画化するの?」という題材を選ぶようにしているんです。「バクマン。」は原作が20巻あってどこを映画化するのか、何より「漫画を描く」という行為が映像化すると地味だな、というのがあったのですがそれに対する答えを映画の中で出せた!と思っています。映画を見た人からも好意的な反応をもらっているので、ひとつ、自分のやりたかったことが出来たのではないかなと思っています。

・最後に二人からのメッセージとして
夢はかなわないことが多いと思いますが、いつかなうともわからない夢を持ち続けている力、というのが大切だと思います。
今日、この場にいる人たちの中で、5年10年後に一緒に仕事をする人が出てくるかもしれないですね!

『バクマン。』
10月3日(土)全国東宝系にてロードショー!!

(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
映画『バクマン。』の主題歌・映画音楽はサカナクションが担当!

映画『バクマン。』特報映像解禁。ナレーションは田中真弓が担当

『バクマン。』ティザービジュアルは原作者:小畑健の描き下ろしイラスト入り