MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『いちご白書』脚本家ホロヴィッツ監督デビュー『パリ3区の遺産相続人』

パリ3区の遺産相続人亡き父の遺産は、老婦人付きのアパルトマン!?

名脚本家I・ホロヴィッツの長編デビュー作!
映画『パリ3区の遺産相続人』

ケヴィン・クライン×マギー・スミスの豪華アカデミー賞俳優の共演で贈る映画『パリ3区の遺産相続人』が11月14日(土)Bunkamuraル・シネマほかよりロードショーが決定、予告編が解禁されました。

予告編は主人公のニューヨーカー・マティアスが、亡き父の遺産であるアパートを調べに、パリ郊外へとやってくるところから始まる。アパートを高く売り、これまでの負け犬人生をリセットするチャンスだと期待するマティアス。しかし、誰もいないはずのアパートには老婦人が住んでいた!

「ここはヴィアジェなの」―マティルダが告げたフランス伝統の不動産売買制度。こうして、一つ屋根の下アパートの元所有者親子とマティアスの奇妙な共同生活が始まっていく。

予告編後半では、コミカルな前半とは打って変わって、父が残したアパートに隠された家族の秘密、人生における大切なものとは―という物語の核心を投げかけてくる。

ニューヨークに住むマティアス(ケヴィン・クライン)は、父親が亡くなり相続したパリ郊外の豪華なアパルトマンを売りにパリへ。しかしそこには老婦人マティルド(マギー・スミス)と彼女の娘クロエ(クリスティン・スコット・トーマス)が住んでいた。

さらにフランス伝統の不動産システム「ヴィアジェ」により、老婦人が亡くなるまでアパートを売却できないと知る。アパルトマンを売る機会を虎視眈々と狙うマティアスだったが、マティルドたちと暮らすうちに彼の家族の秘められた歴史を発見していく。それは亡き父のメッセージであり、彼の運命を変える新しいスタートだった。

監督は『いちご白書』、『さらば青春の日』などの映画脚本や、数多くの舞台脚本で知られ、本作が長編監督デビューとなるイスラエル・ホロヴィッツ。撮影は「ライフ・イズ・ミラクル」などのミシェル・アマテュー。

●ストーリー
パリ・マレ地区。疎遠だった父親が亡くなり、パリの高級アパルトマンの遺産相続のためニューヨークからやってきたマティアスは、早く売り払って借金を清算し、人生をやり直すつもりだった。ところが、フランス独特の厄介な不動産売買制度「ヴィアジェ」が立ちはだかる。アパルトマンに長年住んでいる元所有者の老婦人マティルドが亡くなるまでは売ることができず、さらに毎月、彼女に対して年金を支払い続けなければいけないというのだ!

マティアスの父親は、なぜ家族を置いて異国のパリに通い、このアパルトマンを買い取ったのか? 遺産を継ぐことは、その人の過去すべてを受け入れること。マティアス、マティルド、そしてマティルドの娘クロエは、遺産を巡る出会いをきっかけに、長年胸に秘めてきたそれぞれの思いを打ち明けることになる。

やがて亡き人が本当に遺したかったものが何だったのかを3人は見出していく。

●スタッフ・キャスト
監督・脚本:イスラエル・ホロヴィッツ
撮影監督:ミシェル・アマテュー
音楽:マーク・オートン
出演:ケヴィン・クライン、マギー・スミス、クリスティン・スコット・トーマス、ドミニク・ピノン
2014年/アメリカ・イギリス・フランス合作/107分/カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル
原題:MY OLD LADY
提供:熱帯美術館、ミッドシップ、ConFrog
配給:熱帯美術館
協力:サム・インター

『パリ3区の遺産相続人』
11月14日(土)、Bunkamuraル・シネマほかロードショー

(C)2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting