MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

野村萬斎&宮迫博之主演『スキャナー』Wヒロインに木村文乃×杉咲 花

今、注目の女優達が野村萬斎&宮迫博之を翻弄!?
映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』

“Wヒロイン”がスクリーンを彩る!!
木村文乃×杉咲 花
この“2人の女“で物語が始まり、動く!!

スキャナー 記憶のカケラをよむ男

2016年GWに全国公開予定として、現在製作を進めている映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』。

現代劇初挑戦の野村萬斎が残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情など)を読める元・お笑い芸人の人間嫌い、仙石和彦を熱演し、宮迫博之が口は悪いが、仙石が唯一、本音でぶつかれる元相方の丸山竜治を演じます。

これまでにないコンビがスクリーンで誕生し、様々な事件に挑んで行きますが、今回、この二人の男たちを10年ぶりに再会させ、ある事件の捜査に巻き込み、さらに躍動させていく本作の鍵を握る“二人のヒロイン”がついに決定しました!
“女たちの想い”は男たちを躍動させ、物語の扉を開きます!

●木村文乃×杉咲 花、今注目の女優陣が“Wヒロイン”として物語を彩る!!
ピアノのコンクールに向け、才能溢れる教え子のために、全力でぶつかり、共に練習の日々を送っていたピアノ教師・沢村雪絵。だがある日、突然、その行方が判らなくなる。仙石と丸山が昔組んでいたコンビ、マイティーズのファンであった彼女。それがきっかけで、仙石は彼女の捜査を依頼されることになる……。

人間嫌いの仙石だったが、ひょんなことから残留思念の中で彼女に出会い、その美しさ、優しさに心動かされてしまい、元・相方の丸山と共にその行方を探すことになるのだった。

そんな、どこか謎めいたピアノ教師・沢村雪絵を演じるのは木村文乃。テレビドラマ、連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(NHK)に出演し、人気を集め、その後も「マザー・ゲーム」(TBS)、「石の繭」(WOWOW)で主演を務める。映画でも『小さいおうち』(2014)、『太陽の坐る場所』(2014)、『くちびるに歌を』(2015)、『イニシエーション・ラブ』(2015)など、その魅力的な演技で数々の人気作品に出演。今、最も注目も集める女優の一人である。本作でも残留信念の中で主人公・仙石と対面するというこれまでに無いシチュエーションの中での演技に挑戦し、その魅力を十分に発揮している!!

一方、雪絵のピアノの教え子である秋山亜美は、雪絵の好きだったマイティーズに捜査を依頼しようと所属事務所にアポなし訪問。行動派の彼女は依頼人となり、丸山と共に半ば強引に仙石を捜査に引き込んだり、雪絵の思念が残りそうな場所へ次々と2人を連れ回す。さらには、警視庁に捜査依頼を出したりと、一癖も二癖もある仙石&丸山のコンビをどんどん捜査に巻き込みながら、雪絵の行方を探すのだった。そして、いよいよ雪絵と共に練習に励んでいたピアノのコンクールの日を迎えるのだが……。

そんな女子高生ピアニスト・秋山亜美を演じるのは杉咲 花。宮迫とも共演した「夜行観覧車」(TBS)、「なぞの転校生」(TX)などのテレビドラマの他、『イン・ザ・ヒーロー』(2014)、『繕い裁つ人』(2015)、『愛を積むひと』(2015)などの多数の映画に出演。『トイレのピエタ』(2015)では1年間に渡るオーディションを経て、ヒロインにも抜擢される。また、劇場版『MOZU』(2015)、『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)といった話題作の公開も控える。

10代ながらもその抜群の演技力が高く評価されている注目の女優であり、本作でも、狂言師・野村萬斎、芸人・宮迫博之という現実にも話芸を極める二人との共演シーンでも、全く引けを取らない掛け合い、演技を披露している!!

●今、人気の製作スタッフが集結!!
ヒット作を生み出し続ける人気脚本家・古沢良太、渾身の書き下ろし!
常にエンターテインメントの前線で抜群の演出力を魅せる金子修介監督がメガホンを握る!
企画は人気キャラクター・名コンビの生みの親・須藤泰司!

●木村文乃さんコメント
脚本が、サスペンスとしても人の気持ちを思う人間ドラマとしてもとても面白かったです。一緒に捜査をしているような気持ちで最後まで一気に読みました。テーマになっている人の想いとか、記憶について、普段から、あまり過去を振り返らないのですが、確実に過去の積み重ねで今の自分になっている。そのことは絶対忘れてはいけないと思っていて、今ちゃんと生きていないと1年後、3年後、5年後もしっかりはしていられないと思っています。

今回、演じる雪絵は人に面と向かって言えるくらいの経験をしている人だと思っています。狼狽したりとか、女性らしさがあるというよりかは、どこか凛としていていいのかなと思って演じています。

もし、普段の私がマイティーズの二人に捜査を頼んだら、結果が出ようが出まいが、むしろこの依頼をどうやって捜査してくれるのか、過程を楽しみにしてしまいそう(笑)。飼い猫が逃げちゃったとかは、すごく面白く捜査してくれそうです(笑)。

この作品は、笑いあり涙あり切なさありという言葉がとても似合う贅沢な作品になっていると思います。私はそこに少しでも力を添えられたらと思っています。是非、楽しみにして下さい。

●杉咲 花さんコメント
今回演じる亜美は一途な子です。とにかく(木村さん演じる)雪絵さんのことが大好き。ピアノは嫌いで、やりたくないと思っているんですけど、どこかで雪絵さんがやれなかった分を頑張りたいっていう思いもある。そんな亜美の雪絵さんが好きだという思いを大事にして演じています。ピアノは本当に弾いたことがなかったんですが、弾く位置がわかっていたり、弾いてる感覚がわからないと、演技ができないものだったので、本当に弾けるようにと練習しました。

萬斎さんは、優しくて素敵な方です。今回、萬斎さん演じる仙石さんがすごく面白くて。笑うの本当に我慢しています(笑) 猫背で、喋り方もすごくツボなんです(笑) 亜美はいちいち仙石にツッコみを入れたり、ちょっとあたりが強かったりもするんですけど、一緒に捜査していく中で信頼していっていると思います。

この作品が面白くなるように皆さんと一緒に頑張って撮影しています。楽しみにしていてください。

●金子修介監督コメント
Q:木村さんについて
美しさはもちろん演技もしっかりした女優さんです。一緒にお仕事が出来て嬉しいです。木村さんが演じる雪絵は、まさに厳しい愛情を持った先生という感じが一瞬で判るのではないかなと思います。また、主人公の仙石は思念の中で雪絵に出会います。彼女が(生徒である)亜美に言っている言葉が、思念の中で、そのまま仙石にも響いて、彼の行動原理となり、感情も動かされていく。この作品の中でもすごく大事なシーンなんです。そのシーンなどはモニターを見ていて、仙石の気持ちのように、本当にドキってなりますよ。

Q:杉咲さんは如何ですか。魅力については仰ってましたが。今までにあったことのないタイプと。
お芝居が本当にうまいです。自分で考えた動きも出してくるし。まだ17歳ですが、すごいキャリアがある女優のように見える。大物ですよ(笑)。力あるというか、芝居も深いものがあります。

宮迫さんや萬斎さんに囲まれても萎縮しないで堂々とやってる。瞬発力がすごいんです。一見小さくて可愛らしい感じなので、「大丈夫かな?」という不安感もあったんですが、現場に立つと一瞬にしてパッ!とパワーを発する。急にスイッチが入るというか。リハーサルの時と本番の時とは違う感じで、あれは見ててハッとします。それが撮っていてもスリリングです。彼女もいろんな映画を見ているし、非常に勉強家です。

●『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』ストーリー
モノに宿る想いを、元・お笑い芸人の異色の新コンビが、大切に読み解く!!

残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情など)を読み取ることができる特殊能力を持った男・仙石和彦(野村萬斎)。かつて、その能力を使いマイティーズというコンビで日本中を湧かせたこともあったが、その能力の代償に精神をすり減らし、コンビ解散、以来、マンションの管理人として人目を避けた生活を送るように……。一方、相方の丸山竜司(宮迫博之)もマイティ丸山としてピン芸人になるものの、鳴かず飛ばずでクビ寸前の状態。

そんな時に秋山亜美(杉咲 花)という一人の女子高生が仕事の依頼で丸山の所属する芸能事務所・峠プロダクションを訪れる。その依頼とは解散したマイティーズに、行方不明となったピアノ教師・沢村雪絵(木村文乃)を探して欲しいというもの。この仕事を機にマイティーズ復活を目論む社長の久美子(高畑淳子)は、仙石に事件の捜査を手伝わせるよう丸山に命じる。

クビになるのを避けるため、しぶしぶ亜美と共に仙石のマンションを訪れる丸山だが、10年ぶりに出会った仙石は外の世界と関わるのを頑なに拒否をする。そんな中、無理矢理、部屋に押し入る丸山と亜美。仙石に行方不明の雪絵の持ち物から残留思念を読み取るように迫るものの、能力は失われたと仙石は二人に冷たく言い放つのだった。

二人が諦めてマンションを去った後、一人、黙々と部屋の片付けをする仙石。
すると、突然、見たことのないビジョンが浮かぶのだった!!

「うあああああ!」

ハッとし、手を離す。転がり落ちる見覚えのない爪やすり……。
仙石の叫び声と共に、新たなコンビが開けた扉は、誰しもが予想だにしない事件の入り口だった。

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』
2016年GW全国ロードショー

(C)2016「スキャナー」製作委員会