MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ヴェロキラプトルと主人公の、今話題のあのポーズシーン映像が解禁

『ジュラシック・パーク』から22年……予期せぬトラブルにより『ジュラシック・パーク』では実現に至らなかった、地球史上最大のテーマパークが遂にオープン!
『ジュラシック・ワールド』が、いよいよ8月5日(水)より全国公開となります。

この度、本作のヴェロキラプトルと、その調教師であるオーウェンの信頼関係が垣間見える1シーンの映像が解禁されました。

ジュラシック・ワールド

ヴェロキラプトル調教用動物の確保に失敗した新人パークスタッフが、檻の中へ落下。ヴェロキラプトルたちは捕食本能からスタッフの元へにじり寄ります。その危険な状況に銃をかまえる警備スタッフに対し、オーウェンは狙撃を制止。一度攻撃を加えたラプトルたちが二度と自分を信じないことを知っているオーウェンは、「こいつらの信頼を失う」と、自ら檻の中に入り、ヴェロキラプトルの制御を試みます。

オーウェンが長年調教しているヴェロキラプトルは、それぞれ長女「ブルー」、次女「デルタ」、三女「エコー」、四女「チャーリー」と名前が付けられた4匹。「支配するのではなく、信頼関係を築く事」を信条に恐竜を調教しているオーウェンは、服従と捕食攻撃の間という危険と隣り合わせのバランスを保ちながら、ラプトルをコントロールすることに成功している、唯一の人物です。

オーウェンを演じるクリス・プラットは、ヴェロキラプトルを調教するこの役を演じることになる前から、大好きな恐竜だったといいます。「ヴェロキラプトルは極めて頭が良い恐竜で、『ジュラシック・パーク』でサム・ニールが少年に向かって言う「あいつらは君の全身を切り裂き、まだ君が生きている間に内臓を食らうぞ」というセリフを聞いて以来、ヴェロキラプトルがお気に入りなんだ。」

また、こちらのシーンは全米で「Pratt Keeping(またはJurassic Zoo)」という呼び名が付けられ、動物園や水族館に務める飼育員たちの中で話題に。飼育員たちが自分の担当動物を相手にオーウェンと同じポーズで撮影しSNSにその模様を投稿したところ大きな反響があり、今では飼育員に限らず多くのジュラシックファンがこのポーズ写真を投稿し、『ジュラシック・ワールド』の象徴的なシーンのひとつとなっています。

『ジュラシック・ワールド』
8月5日(水)より全国ロードショー!!

(C)Universal Pictures and Amblin Entertainment

●次の記事もオススメ ——————
『タイタニック』超え秒読み!『ジュラシック・ワールド』全米3位到達

玉木宏「見たことのない恐竜の夢があります」 松岡茉優「初恋の人に会った気分」

『ジュラシック・ワールド』、『スター・ウォーズ エピソード1』を抜く!

『ジュラシック・ワールド』は3日間で映画史上初の5億ドル突破

『ジュラシック・ワールド』キャスト・スタッフ来日決定!