MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『がっこうぐらし!』めぐねえがただの“先生”だけじゃなさそうだぞ

TVアニメ『がっこうぐらし!』第3話「あのとき」アフレコ終了後に行われた、丈槍由紀(ゆき)役の水瀬いのりさん&佐倉慈(めぐねえ)役の茅野愛衣さんへのインタビューが届きました!

がっこうぐらし!

MC:第3話は、ナレーションを務めるなど、まさにめぐねえの回でしたね。

茅野さん:今までほわほわとしていただけのめぐねえだったんですけど、今回はいろいろと語る場面が多くて(笑)。

水瀬さん:まさに「めぐねえ無双」(笑)。

茅野さん:あはは、ゲームにありそう(笑)。台本をいただいたときから「あ、これはお当番回かな」と思ってはいたんですけど……。でも“事件”が起きた当時のことが、これまで以上に描かれていて、わたし自身も結構、衝撃を受けました。

MC:なかでも印象的だったところというと?

茅野さん:やっぱり、お母さんとのメールのやり取りのあたりとか。原作では描かれていなかった部分まで描かれていたので、そのあたりは印象的でしたね。あとはカミムラ先生とのやりとりもそう。たぶん第1話を観てくださってた方は、「ああ、あの人がここに」って思っていただけたんじゃないかな、と思います。

がっこうぐらし!

MC:今回、アフレコに臨まれてみて、彼女に対する印象も変わりましたか?

茅野さん:事前に原作を読んでいたので、それほどイメージは変わっていないといえば、変わっていないんですけど……。ただ、こういうシリアスな語りは初めてで。ゆきちゃんたちに対して、めぐねえが何を考えているのか、心情を語る場面も多かったですからね。「ああ、彼女はこういうふうに考えて行動していたんだな」というのがわかったというのはあります。そういえば、くるみちゃんの恋愛相談にも驚きました(笑)。

水瀬さん:あそこも原作にはない場面ですよね。

茅野さん:あのときのくるみちゃんの心情だったり、それを聞いたときのめぐねえの反応だったり……。改めて先生でいることの覚悟、みたいなのを感じたり。教頭先生からは「友達感覚で」って怒られたり、あるいはお母さんに心配されてるめぐねえですけど、それでもどうすれば自分が教師を続けていけるのか? 彼女は彼女なりに悩んでいたんだなって、ちょっと切なくなりましたね。

水瀬さん:私としては、めぐねえが車を運転しているのが、ちょっと驚きで(笑)。「あっ、免許持ってるんだ」って。

MC:あはは(笑)。

水瀬さん:みんなといると、やっぱりほわほわしてるし、そういうイメージがなかったんですけど、車を運転して学校まで来ていたりとかするのを見ると「あ、大人の人なんだな」って思って、ちょっとこう……なんか、ドキッとなりました。

茅野さん:運転できなさそうだもんね。

水瀬さん:そうなんですよ(笑)。でも、運転中にちょっと横を見る余裕があったりして。

茅野さん:そうそう。

水瀬さん:意外とやるなあっていう。あとはやっぱり、りーさんにしてもくるみちゃんにしても、めぐねえに対して言えることがあったり、等身大のままの彼女たちでいられる。そういう意味でも、この4人にとってめぐねえという存在は、きっと大きい、欠かせないものなんだろうなと思いました。

がっこうぐらし!

MC:前半では、おふたりだけの掛け合いもありましたが……。

茅野さん:やっぱり補習なのね、と思いました(笑)。

水瀬さん:はい、すみません。

茅野さん:いのりちゃんが謝ることじゃないんですけど(笑)。しかもそのやり取りが、すごく可愛くて。駄々をこねて「お腹すいたー」とか「お菓子食べたい!」とか。で、それに対してめぐねえが「あとでね」ってなだめる、みたいな。なんか本当に、親子というか姉妹みたいな関係だなって。

水瀬さん:私のなかでは「めぐねえ=愛衣さん」っていう図式が、完全にできあがっていて(笑)。いつもの愛衣さんの雰囲気が、自然とめぐねえとリンクしちゃっていて――役を通してではあるんですけど、愛衣さんに駄々をこねる幸せ、みたいなものを勝手に感じてました。

MC:あはは(笑)。

水瀬さん:なんというか、すごく幸せな場面で。口では「もう帰る!」って言ってるんですけど、ゆきは不機嫌で怒ってるわけじゃなくて、そういうやり取りすらも日常の延長なんだろうな、っていう。本当にお互いが心を許してるんだろうな、と思えて、胸がキュンとなりましたね。

茅野さん:いやあ、ありがたい。役得ですね……。クラスの場面では、みんなでガヤを録ったんですけど、つい当たりがキツくならないように、マイルドになっちゃうんですよ(笑)。「かわいそうだよねー」「勉強苦手なのかなー」とか。どうしても「あの帽子、ププッ」みたいなのが言えなかった(笑)。

MC:水瀬さんから見て、茅野さんとめぐねえのどういうところが近いんでしょう?

水瀬さん:なんですかね。どこっていうか、まとっているオーラもそうだし……。なんかこう、そばにいると話したくなるというか、お話しすると癒されるんですよ。あと、みんなをまとめるときの言い方も柔らかくて、「みんなー、(アフレコが)始まるよー」みたいな。そうすると、こっちもやっぱり「はーい」って返事をしちゃうんです。

茅野さん:そうやって聞くと、学校みたい(笑)。今日も、アフレコの差し入れをいただいたので「みんなー、大福をいただいたよー」とか。そういうところは確かに、担任の先生っぽくなっている気がする!(笑)

水瀬さん:いやあ、癒されます。

茅野さん:のんびりしてるからね、たぶん。自分で言うのもおこがましいんですけど。

がっこうぐらし!

MC:あと後半では「学園生活部」の部室でキャンプをするシーンがありましたけど、おふたりはキャンプに行ったことは?

水瀬さん:あります!

茅野さん:小さい頃にはあるかなあ。

水瀬さん:あ、でもキャンプって、テントを張らないとダメなんですか?

MC:いや、そんなことはないと思いますけど(笑)。

水瀬さん:ホテルに泊まっても、川とかに行けばキャンプですよね(笑)。川でニジマスを捕まえたり、あとは飯盒炊爨(はんごうすいさん)をやったり……。

茅野さん:あはは(笑)。わたし、そういうのやったことないかも……。

水瀬さん:美味しいですよ、おこげも。

茅野さん:アウトドアが苦手ってわけじゃないんですけど、機会があまりなくて。あとわたしはすごく蚊に刺されやすいので、あまりそういうところに行かないというのもある(笑)。

水瀬さん:もしかしてO型ですか?

茅野さん:そう、O型。

水瀬さん:やっぱり!

茅野さん:O型って、やっぱり刺されやすいんですって。誰かと一緒にいても、わたしだけ刺されるのはそういうことかっていう。あ、でもテントを張った経験でいうと……、サファリパークって行ったことある?

水瀬さん:ないです。

茅野さん:たぶん小学生くらいのとき、富士サファリパークに行ったときに、テントを張ったりしましたね。

水瀬さん:サファリパークでキャンプって、動物に襲われたりしないんですか?

茅野さん:動物はね、放し飼いじゃないから(笑)。というか、キャンプできる場所があるんですよ。じゃないと、ライオンとかさすがにヤバいでしょ!(笑)

水瀬さん:今、すごいなーってちょっと思っちゃった……(笑)。

がっこうぐらし!

MC:では最後に、次回以降、どんなところを楽しみにしているか、お伺いしますね。まずは茅野さんから。

茅野さん:今回、こうしてめぐねえのことが描かれたということは、きっとこの後、彼女にも何かドラマがあるのかな、と。めぐねえがただの“先生”だけじゃなさそうだぞ、というのは、なんとなく感じていただけたかなと思います。とはいえ、あまり深く考えすぎずに、素直な気持ちで見ていただいた方が、楽しめるんじゃないかなって思います。

水瀬さん:第3話でも、ゆきはこれまでに見せたことない表情を見せてくれたんですけど、きっとそういうことが、ほかのキャラクターにもいっぱいあるような気がするんですね。なので、茅野さんと同じように「来週はどんなことが起こるんだろう?」くらいの気持ちで、学園生活部の4人が見せる表情を、まっすぐに受け止めてほしいなと思います。

公式HP:http://gakkougurashi.com/
公式Twitter:@gakkou_gurashi

(C)Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『がっこうぐらし!』第3話、全校停電でキャンプ実施

私もすっかり騙されたうちのひとりだからなぁ……加藤英美里さん

『がっこうぐらし!』第2話「おもいで」アフレコ後インタビュー

『がっこうぐらし!』うちわ配布&学校テーマの居酒屋とコラボ決定

『がっこうぐらし!』第2話、夏といえばキモ試し!

→2015年7月アニメ新番組特設ページ