MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』オープニング興収洋画No.1

SFアクション映画の金字塔『ターミネーター』シリーズに、アーノルド・シュワルツェネッガーがアイルビーバックした待望の最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が7月10日(金)より全国737スクリーンで公開され、7月11日(土)&12日(日)の週末2日間で興行収入515,720,300円、観客動員352,748人という大ヒット。

洋画ではNo.1オープニングとなり興行収入40億円へ向けての大ヒットスタートを切りました! 公開から3日間では、累計興行収入664,756,400円、観客動員累計461,590人。

ターミネーター:新起動/ジェニシス

この『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のオープニング週末興行収入は、最終興行収入53億8000万円を記録し2012年度洋画興行収入No.1となった『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のオープニング週末興行収入の91%という非常に強い成績。

そして、2014年公開の『トランスフォーマー/ロストエイジ』(最終興行収入29億1000万円)のオープニング週末興行収入の106%。夏休みが始まる3連休の週末となる2週目、3週目そして夏休みの興行にも大いに期待ができます。

劇場には、30年間続く『ターミネーター』シリーズの往年のファンから、10代、20代の若い男女を含むあらゆる世代の観客が訪れ、大変なにぎわいとなりました。入場者プレゼントとして全国の劇場でT-800スカルうちわが配布され、その写真とともに映画を鑑賞したことをツイートする若者も多数見受けられました。

SFアクション映画の要素に加え、本作に描かれるT-800ターミネーターとサラ・コナーとの父と娘のような親子愛にドラマ性を感じた女性も多く見受けられました。

公開当週にはアーノルド・シュワルツェネッガーとエミリア・クラークの来日もあり怒涛のパブリシティが展開されたが、今週以降も大きなパブリシティ展開が予定されています。

●主なパブリシティ展開
7月13日(月) NTV「NEWS ZERO」 山岸キャスターによるシュワ来日INT
7月14日(火) NTV「スッキリ!!」 <WEニュース>ウエンツさんによるシュワ&エミリア来日INT
7月16日(木) シネマトゥデイ&Yahoo!映画 シュワ来日単独INT
7月17日(金) 読売新聞 シュワ来日INT
7月22日(水) NHK「おはよう日本」 シュワ来日INT
7月25日(土) NTV「世界一受けたい授業」シュワ来日INT

作品のクオリティの高さに、劇場に「アイルビーバック!」する観客も増えること間違いなしの2週目にも大注目です!

●『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 成績(7月10日~7月12日)
7月10日(金)動員:108,842名  興行収入:149,036,100円
7月11日(土)動員:182,380名  興行収入:264,939,500円
7月12日(日)動員:170,368名  興行収入:250,780,800円

3日間累計:動員:461,590名 興行収入:664,756,400円

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
大ヒット上映中!

(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

●次の記事もオススメ ——————
本日公開『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパンプレミアまとめ

本日公開『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパンプレミアまとめ

「ターミネーター」×「ロボニャン」まさかの奇跡の初対面が実現!

12年ぶりのアイルビーバック!にシュワ感無量!ベルリンプレミア開催

あなたもイ・ビョンホン……いや、液体金属型T-1000に変身!