MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

広瀬すずちゃんに出会えたことがこの映画のポイント『海街diary』

原作:吉田秋生・監督:是枝裕和
綾瀬はるか(長女・幸)・長澤まさみ(次女・佳乃)・夏帆(3女千佳)・広瀬すず(4女・すず)
映画『海街diary』
樹木希林 × 是枝監督 樹木節炸裂!のティーチイベント

海街diary

小学館「月刊フラワーズ」にて大人気連載中、吉田秋生のコミック「海街diary」を『そして父になる』の是枝裕和監督が映像化した『海街diary』が、全国にて大ヒット公開中です。

また、すでに101ヵ国の配給が決定、北米配給も、早々にソニー・ピクチャーズ・クラシックスに決定したことも世界的なニュースとなるなど、国内外を問わず大きな話題を集めています。

この度、本作の大ヒット公開を記念して、四姉妹の大叔母・菊池史代役の樹木希林さんと是枝監督によるティーチインイベントを実施しました。

映画『海街diary』ティーチインイベント
日時:6月24日(水)
場所:TOHOシネマズ日本橋 SCR6
登壇者:樹木希林、 是枝裕和監督

当日、イベントが始まる前に一般の方に紛れて映画を鑑賞していた樹木さん。
イベント開始時間になるとふらっと座席から立ち、お客さんの前に現れたため、是枝監督も若干動揺気味に登壇。樹木さんの円滑な司会進行の元、するどい突っ込みには笑いが起き、自身の経験から発せられる映画に対する解説に聞き入ってしまうような、樹木節炸裂のイベントとなりました。

海街diary

<トーク内容>
樹木さん:今日はじめて観ましたが、大変完成度の高い映画に仕上がっていましたね。
撮影ではじめてすずちゃんに会ったときに、偶然原作のすずちゃんと同じ名前だということを知りましたが、この子に出会えたことがこの映画のポイントだと思いました。だって大概「あー!」って感じでしょ(笑)

是枝監督:この子に出会ったからというのは『誰も知らない』の柳楽優弥くんのときもそうだったし、すずも本当そうですね。

樹木さん:運も才能の内ですからね。四姉妹もみんなチャーミングだった。

Q:夏帆さん演じる三女役は四姉妹の中で中間的な存在というか、どちらかというあまり目立たない立ち位置だと思いますが、キャスティングに苦労されたのではないかと思いました。

樹木さん:もうね、僕があの人がいいといえば、みんな出てくれるのよこの監督は!

是枝監督:いやいやいや・・・千佳は出番が多いわけではないけど、三女は上の二人とは違ったテンポで生きているのは実際の姉妹に取材している中で感じていて、夏帆さんは出演作品を観ていて、映画女優という印象だったので、こういう役もうまく演じてくれるだろうと思いました。キャスティングは全部自分から声を掛けています。

Q:演出方法など作品毎に異なっていて、毎回なにかに挑戦しているという印象があるのですが、今回この映画で挑戦したことはありますか?

是枝監督:原作もそうですが、この作品は人間のはなしの外側に街のはなしがあるんですよね。だから通常のホームドラマより広いなにかを描いているから、いつもよりも視野を広げた形にできないかと思ったので、それが挑戦したことになるのかな。

Q:映画の中で素敵だなと感じる画がたくさんありました。画のこだわりはあるのですか?

是枝監督:『そして父になる』でもご一緒した、撮影監督の瀧本さんと相談しながら進めていて、例えばすずと風太が船の上で花火を見るというシーンでは、花火の画があまり大きくないんですけど、大きくも撮っていたんだけどカットしたんです。たぶん、あのくらいの大きさが地元の人がみている感覚なんだろうなと思ったんですね。
実は船の周りに花火が写る構図って、設計図をひいてすごい計算しないと撮れないんですよ!

樹木さん:そんな苦労があったのね~でも花火をそんな苦労して撮ったわりにはそれは
効果あったのかしら(笑)

Q:この作品には命のはなしもあったと思いますが、病院内でのターミナルケアについてや銀行のことなど描かれる上でなにか調べられたりするのでしょうか?

是枝監督:取材しますよ。原作で、なんで幸が看護師なのか、なんで佳乃が銀行員なのか考えたときに、幸は死の側に常にいるからだということと、死というのは死んだ人を悲しむだけでじゃなくて、常にお金が絡んでいる。それは原作でもお金絡みのことがいろいろ描かれていますけど、だから佳乃は銀行に勤めているのかなとか思いました。

樹木さん:そういうお金のことって避けて通れないぶん、自分の中にすっとはいってっくるわよね。

Q:キャストたちの表情が見応えがありました。特に印象的だったのが、長澤さん演じる佳乃が加瀬さん演じる坂下さんに前の会社を辞めた理由を聞くシーンでの二人の表情です。

是枝監督:坂下さんは辞めた理由を「ここは自分の居場所じゃないと思ったから。」と答えるんだけど、この作品は“居場所”というのが重要なキーワードであると感じていて。佳乃は坂下さんのその言葉から、すずがなぜ鎌倉にきたのかということに思いを巡らせたんじゃないかなというはなしをを長澤さんには伝えました。

樹木さん:この映画は人の器がどんどん広がっていく経緯が自然に撮られていると感じますね。

Q:樹木さんは直近で『あん』に出演されていて違う役を演じられていますが、役の切り替えなどは大変ではないですか?

樹木さん:そんなの簡単よ! 一日寝れば治ちゃうもの(笑)

Q:少ないながらも樹木さんが登場するシーンがとても印象に残りました。

樹木さん:ちょっとの役ならということで出演させていただきました。
映画を観ていて思ったのが、この家は女で土台がつくられているという気がしたわね。結局家っていうのは女の出来なんですよ。
だから、大竹さんをキャスティングしたのは監督は上手だなと感じたわよね! この人だったらあー壊れていくなってわかるもの(笑)

是枝監督:演技がね!大竹さんの演技がそう感じさせてくれていましたね!樹木さん演じる叔母さんが、家におはぎを持ってくるシーンで、幸に楔をうつところがあるんだけど、そこが大事だと感じました。あと法事のシーンでは、すずにはじめて会った叔母さんがすずにあれこれ聞いてそれを幸にたしなめられると「いろいろ大事なことよ」って扇子でポンと叩くシーンがあって、そこが個人的に好きです。

樹木さん:あら、そうだったの? 本人が演じていてもわからないものね(笑)

Q:映画の中でお気に入りのシーンはありますか?

樹木さん:私はお風呂上りのすずちゃんがバスタオルをバッと広げて扇風機に当たるシーンが気持ちよさそうと思ったわね。

是枝監督:法事が終わって、四姉妹と叔母さんとお母さんとみんなで家に帰ってきて、それぞれ行動するワンカットが好きです。
みんなそれぞれ動きがすごくうまくいっていると思っています。

樹木さん:あそこに実際に住んでいる感じがするものね。生活が染み付いている感じがでていた。大勢になればなるほどうまくいくのよね。

Q:この作品を他の監督には撮らせたくないと思ったということを仰った是枝監督のインタビューを拝見しました。

樹木さん:それはそうですよ! 監督はね、綺麗な人がでてくるのが好きなんですよ!

是枝監督:まぁそれもあるんですが・・・(笑) 僕は原作が大好きなんですが、一巻目に描かれている、法事が終わった後に四人で高台に上るシーンがあるんですが、そのシーンをみて、これ映画だ、と思ったんです。それで、絶対これだれかが映画にするなと。誰かにされる嫌だと思って、自分で手を挙げました。

樹木さん:私はちょっと前から監督と知り合いですけど、この方はあまり欲を露にしないのよね。人間的にみんなに好かれる監督なわけなんだけど。今の話を聞いてとっても面白いわね(笑)

Q:映画を観ていて何度も笑ってしまいました。カンヌでも笑いがおきましか?

是枝監督:浜田店長の登場シーンや、酔っ払ったすずをみて、姉たちが顔を見合わせるシーンとかはカンヌでも笑いが起きていましたね。
コメディ作家ではないのですが、そうやって笑っていただけるのは嬉しいですね。

樹木さん:笑いっていうのはその人の気持ちがわかったときに笑える、というのが上質な笑いよね。

Q:「風とロック」でレキシの池田さんと対談されていましたね。それが池田さん出演のっきっかけなのでしょうか?

是枝監督;そうなんです。箭内道彦さんに誘われて野音にいったときに、メロディももちろんいいんですが、トークがすごい面白くて(笑)
キャスティングを考えたときに、きっと彼ならやれるだろうと思って声をかけさせてもらいました。

Q:花火大会の日に浴衣を着たらといわれて着ないと言っていたすずが結局当日は浴衣を着ていたんですが、その心境の変化は撮影していたけどカットしていたりするのですか?
是枝監督:撮影は特にしていなくて、まぁ、こうゆうことってあるよねって感じで。
多分出かける前に玄関でお姉ちゃんたちに絶対着たほうがモテるよーとか言われたんだと思うんですよね。

樹木さん:普通若い子だったらもっと明るい色を着るんでしょうけど、おばあちゃんの浴衣だから色がとっても地味なのよね(笑)そこが面白かったわね。

Q:綾瀬さんと長澤さんは『世界の中心で愛を叫ぶ』でドラマと映画で同じ役を演じられているのに、今回の役は二人が間逆の性格だったので驚きました。監督の中でそういったことは意識されなかったのでしょうか?

是枝監督: 今までやった役がどうこうっていうのは考えないですね。綾瀬さんとはこの映画の企画が始まる前に一度お会いしていて、TVでみるような印象とは違って、所作も美しくてしゃんとしている凜とした方だなと感じたんです。だから長女は彼女だなと。

佳乃は幸が“死”の側に近いとしたら対照的に“生”の役割を担っているので、だれかなと考えたときに『奇跡』でも少しでてくれた
長澤さんを思い出して決めました。

Q:この映画はいろんな人たちのエピソードが繰り広げられていく原作と違い、幸とすずを中心としたエピソードとなっていますが、惜しくもカットしたシーンなどはあったのでしょうか?

是枝監督:カットすべきショットだからカットしているのであって、惜しくもというのはあまりないですね。
あえてあげるなら、幸がすずの前髪を家の庭で切ってあげていて、それを佳乃と千佳が縁側から眺めているというシーンがあって、そこはいいシーンだったんんだけど編集していたら合わなかったのでカットしました。

樹木さん:そういうカットしたシーンも役者にとっては糧になるから無駄ではない。ということにしましょう(笑)。

最後の質問者としてあてたお客さんが樹木さんの大ファンだということで、その好きな気持ちをぶつけられると樹木さんは「なんだか最後にこんなに褒められちゃうと私が仕込んだみたいね(笑)」と話し、笑いを誘いました。
最後に是枝監督より樹木さんへ一言。

是枝監督:樹木さんは、大好きな役者さんではあるのですが厳しい方なので、現場にはいるとき、脚本をみせるとき、完成した映画を観ていただくときにちゃんとしたものをつくっていると思っていただかなければという気持ちになります。
是非また出てください!

『海街diary』
大ヒット上映中

(C)2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
世界101ヵ国で配給決定!『海街diary』4姉妹登壇での舞台挨拶!

『海街diary』美しい浴衣姿の四姉妹登場で雨も止む!長谷寺でヒット祈願

『海街diary』カンヌ映画祭、4姉妹が華やかなドレスでレッドカーペット

『海街diary』綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、カンヌ渡航決定!

綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すず出演『海街diary』カンヌ出品