MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

フレーム内に収まりきらなかった実物大ガンダム

すでに終了してしまっていますが、富士急ハイランド「ガンダムクライシス」は初めての全身像の実物大ガンダム。上からでないとすべてを見ることができませんでした。しかも撮影しようと思うととてもフレーム内に収まりきらない。

お台場ガンダムは大きく感じませんでしたが、寝てる姿のほうがよほど大きく感じますね。やっぱり立っていると上部までは距離があるためでしょうか。

機動戦士ガンダム

現在は、実物大ガンダムを歩かせるプロジェクトが行われているようですが、歩く姿が見られたとき、どんな感想になりますかね。おぉ!と思うのか、あぁ~と思うのか。

先に実現しやすそうな、自走する実物大ガンタンクなんてできないですかね?

2007年7月、富士急ハイランド「ガンダムクライシス」メディア内覧会にて撮影。

富士急ハイランド:http://www.fujiq.jp/

(C)創通・サンライズ

※写真は撮影時のものであり、変更されている場合があります。

●次の記事もオススメ ——————
『機動戦士ガンダム』が伝統工芸とコラボするインパクト

地球連邦軍量産型モビルスーツ・ボール。さて、大きさは?

これではまるで道化だな。シャア専用オーリスは3倍……

こ、これが、ジオンのザクか

実物大ガンダムの頭部を至近距離で見る

→映画・アニメ・特撮写真館に戻る