MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『劇場版 仮面ライダードライブ』人類滅亡の危機の原因はベルトさん?

劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー8月8日から公開される『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』。
そのあらすじなどが届きました。

果敢なるチャレンジ精神と豊富なアイデア、溢れる情熱で常に日本の実写特撮ヒーロー界をリードしてきた「平成仮面ライダーシリーズ」。その第16弾として「疾走」を続けているのが『仮面ライダードライブ』。本作は、そのタイトルからも連想されるように、バイクではなく「車」に乗る仮面ライダーの活躍を描く作品。

主人公・泊進ノ介は、殉職した父のように「市民の味方」として捜査活動に奔走する若き刑事。ある事件をきっかけに「特殊状況下事件捜査課」、通称「特状課」に配属された彼は機械生命体「ロイミュード」が発生させる「重加速現象」や、それに伴う特殊犯罪に敢然と立ち向かってきた。

愛車トライドロンを駆る、進ノ介のもうひとつの姿は仮面ライダードライブ。進ノ介はバディの詩島霧子や、その弟・剛=仮面ライダーマッハ、チェイス=仮面ライダーチェイサーたちと共にロイミュードと戦い続ける――。

だが、そんな彼らのこれまでの戦いが今、無に帰そうとしている。未来の世界はロイミュードに支配され、人類滅亡の危機が!? そして、そのすべての元凶は、ドライブシステムを開発したクリム博士=“ベルトさん”だった!? 次世代マシン「ネクストライドロン」を操る未来からの刺客・ダークドライブまでも現れ、進ノ介たちを史上最悪の窮地に追い込む!

TVシリーズの根幹をも揺るがす展開をみせる『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』。真夏の太陽よりも熱い、新たなるヒーロー伝説がここに!

劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー

●ストーリー
市民を守るため、今日も戦い続ける仮面ライダードライブ=泊進ノ介。だが、そんな彼の前に、進ノ介のことを「父さん」と呼ぶ、ひとりの青年が現れる。

彼の名は、泊エイジ。未来からやって来たエイジの目的は、父・進ノ介への警告だった。2015年8月5日、ベルトさん=ドライブドライバーが暴走を始め、それがきっかけで一年後にはロイミュードが世界を征服してしまうというのだ。

進ノ介には信じられなかったが、エイジの「予言」は当たり、ドライブドライバーに異常が発生。その大規模な破壊行為によって、市民の英雄・仮面ライダードライブは全国指名手配犯となった。

エイジによれば、ベルトさんことクリム博士が開発した<ドライブシステム>そのものが、実は人類滅亡のために仕組まれたプログラムだったらしい。さらにこのピンチの渦中で、未来からエイジを追ってきた、ネクストライドロンに乗る謎の戦士・ダークドライブが出現! 圧倒的なパワーにマッハ、チェイサーも敗れ去る。

かつてない強大な敵、迫りくる最悪の未来……これまで、どんなときも共に戦ってきた<相棒>は、人類最大の脅威となった。

残された道は、たったひとつ。自らの手で<相棒>に、手を下すしかない。未来を、人類を守るため、決断を迫られた進ノ介はついに、その手でドライブドライバーを……!

●スタッフ・キャスト
竹内涼真 内田理央 上遠野太洸 稲葉 友
吉井 怜 浜野謙太 井俣太良 クリス・ペプラー
真剣佑 筧美和子
塚地武雅(ドランクドラゴン) 高橋健一(キングオブコメディ) 小山力也(声の出演)
松島庄汰 馬場ふみか 蕨野友也
柳沢慎吾 / 片岡鶴太郎

原作:石ノ森章太郎
脚本:三条 陸
監督:柴崎貴行
主題歌:Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE『re-ray』
音楽:鳴瀬シュウヘイ 中川幸太郎
アクション監督:石垣広文(ジャパンアクションエンタープライズ)
特撮監督:佛田 洋(特撮研究所)

『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー/手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!』
8月8日(土)公開

劇場版「ドライブ・ニンニンジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ ADK・東映 (C)2015 テレビ朝日・東映AG・東映

●次の記事もオススメ ——————
いくぜ、いくぜ、いくぜぇ!俺は最初から最後までクライマックスだ!

仮面ライダードライブのスピードを表現しようとしたらおもちゃになった

今度の主役はこいつらだ!鎧武外伝第2弾『仮面ライダーデューク/ナックル』

ゴーストと言えば、幽霊列車に乗る仮面ライダー幽汽かと

歌は気にするな!タカ!トラ!バッタ!タ・ト・バ!タトバ!タ・ト・バ!