MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

染谷俊之、赤澤燈。あのダメ男2人がさらにダメになって帰ってきた!

あのダメ男2人がさらにパワーアップして(ダメになって)帰ってきた!
『カニを喰べる。』から1年後、田宮治と青島豪志の珍道中はまだまだ続く!

映画『羊をかぞえる』製作決定!!
染谷俊之&赤澤燈W主演、新たに廣瀬智紀が参戦

羊をかぞえる

万年モラトリアムなダメ男2人の成長を描いた映画『カニを喰べる。』。あれから1年、主人公の田宮治と青島豪志の珍道中を描くシリーズ最新作として、映画『羊をかぞえる』の製作が決定しました。

前作では、ただの思いつきで富山までカニを食べにポンコツの軽トラを走らせ、珍道中を繰り広げた田宮治と青島豪志。その道中に様々な過去と出会うことで自分を見つめ直し、少しは成長した2人かと思いきや…。

本作では、前作の1年後を舞台に、相変わらず自堕落な生活を送っている田宮と青島を中心に、個性的なキャラクターが多数登場。中でも、借金取りに追われる青年・丸井と、謎の少女カンナが現れることで平凡な日常が一変、とんでもない騒動に巻き込まれていく。

主演の2人には前作に引き続き、染谷俊之と赤澤燈を起用。今年だけで既に、舞台「ママと僕たち~おべんきょイヤイヤBABYS~」、「メサイア-翡翠ノ章-」で共演をしており、阿吽の呼吸でダメな男2人を再び熱演。さらに、田宮と青島を騒動に巻き込む超がつくお人好しの青年・丸井には、現在公開中の映画『セブンデイズ MONDAY→THURSDAY』で主演を務め、舞台「タンブリング FINAL」(2014)、「弱虫ペダル~インターハイ篇~」(2015)など人気舞台への出演が相次いでいる廣瀬智紀が抜擢されました。監督・脚本は、前作に続き毛利安孝が務めます。

この度、今秋の公開に向けて撮影真っ只中の現場から、早くもコメントが届きました。赤澤と共にW主演を務める染谷が「台本を読んだ印象では、(前作から)作風がガラリと変わっているけれど、田宮と青島の関係性は変わっていなかったので嬉しかったです」と2度目となる田宮治役への愛着を話せば、一方の赤澤は「前作から1年後の設定ですが、一見何も変わっていないように見えても、どこかで成長している部分はあると思うのでその辺りに注目していただければ」と2作目への手応えを語っています。

本作から新キャストとして参加する廣瀬は、自身が演じる丸井の役どころについて「田宮と青島を成長させる起爆剤みたいな役ですし、丸井自身も2人に出会う事で成長していくと思うのでしっかりと演じていきたいです」と話し、シリーズに新しい風を吹き込む役として期待を寄せます。

最後に、撮影現場の雰囲気について3人が一様に「無害です(笑)」と口を揃え、「僕たちの普段の雰囲気がそのまま映画にも出ていると思います」とのコメントからも順調に撮影が進んでいることが伺えました。

また、前作の『カニを喰べる。』と同様、本作も気になるタイトルだが「羊」がストーリーとどのように関わってくるのかも注目したいところ。8月には映画の公開に先駆けて東京・大阪で完成披露イベントの開催が決定しています。

●ストーリー
カニを食べるという理由だけで富山まで珍道中を繰り広げた田宮治(染谷俊之)と青島豪志(赤澤燈)。あれから1年、相変わらず定職にも就かずその日暮らしを続けている2人。そんな2人は、いつからか謎の少女カンナと出会い行動を共にするようになる。

そんなある日、ヤクザの2人組に追いかけられている丸山(廣瀬智紀)に遭遇し、その場の成り行きで助けてしまう。追われている理由を聞くと、知り合って間もない友人の借金の連帯保証人になったと、騙されていることに気付かず真面目に話す丸山。そんな超が付くほどのお人好しの丸山を放っておけない、お人好しの田宮と青島。

あの手この手で借金返済のために奔放する3人だが、うまくいくはずがなく徐々に追い詰められていき…。

果たして、丸山の借金は無事に返済できるのか!?
一向に成長しない田宮と青島に明るい未来は訪れるのか!?
そして謎の少女カンナの正体とは!?

●スタッフ・キャスト
出演:染谷俊之 赤澤燈 / 宮井くらら 中野マサアキ 杉江大志 / 廣瀬智紀
監督・脚本:毛利安孝(「おのぼり物語」、「カニを喰べる。」)
製作:「羊」製作委員会
配給・宣伝:ユナイテッドエンタテインメント

『羊をかぞえる』
2015年秋公開予定!

(C)2015「羊をかぞえる」製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
染谷俊之、赤澤燈W主演『カニを喰べる。』公開日決定